corning
gorilla glass

2mの落下に耐える新ゴリラガラス「Victus」は最新Galaxy noteに搭載され来月登場か

次の記事

ニューヨーク州議会が顔認識技術の学校導入を2年間停止することを決定

Gorilla Glass(ゴリラガラス)という名前は知らなくても、Corning(コーニング)が開発した極めて強固なこのガラスを使ったデバイスを持っている可能性は非常に高い。ゴリラガラスは落下やひっかきに対する耐性が極めて高く、スマートフォンから各種のウェアラブルデバイスまで各種の消費者向け製品に広く使われてきた。この10年で80億以上のデバイスに使われてきたと見積もられている。

このほどコーニング社はゴリラガラスの最新バージョン「Victus」を発表した 。このガラスは落下試験で2mの高さから固く荒い表面に落下しても耐え、スクラッチ耐性も現在のゴリラガラス6より2倍もアップしているという。全体として大変いいニュースのようだ。

2018年に登場した現行モデルはゴリラガラス6だが、新しいガラスの名称は従来の番号システムによるものではない。そこで私はビクタスという単語をWikipediaで調べてみた(私もたまにはWikipediaを調べる)。

  1. 語源はラテン語のvīvō(=生きる)
  2. 生き方、ライフスタイルという意味がある
  3. カタロニアの人類学者アルベルト・サンチェス・ブリオニが著した歴史小説の題名(まあどうもこれは関係なさそうだ)

コーニング社の広報担当者は、これまでの番号システムを捨てて新たな命名法を取った理由を説明して「現行のフラッグシップ製品であるゴリラガラス6に対して新製品は強度、スクラッチ耐性ともに極めて大きな改良が行われている。これほど飛躍的な改良を受けた製品であるからにはその名称もまったく新しいものであってもいいと考えたわけだ」と述べている。

それでは1年半か2年後に新バージョン登場するとVctus2になるのだろうか?それともまったく新しい別のラテン語名を採用するのか?これは今のところ不明だ。

ともあれこの新ガラスはサムスンのデバイスに採用され「近く発表される」という。「近く」というのはサムスンが8月5日に予定しているGalaxy Noteの新製品5モデルの発表会(未訳記事)を意味しているのはほぼ間違いない。Galaxy Note 20はこのガラスが採用されるデバイスの候補として極めて有力だ。表面だけでなく裏面にも使われるのではないかと思われる。

画像:Corning

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook