Revolut(企業)

日本進出も果たした英フィンテックスタートアップRevolutが約85億円調達、サブスク管理ツールなどの導入も計画

次の記事

ランサムウェア攻撃によってGarminのサービスが世界的に停止

フィンテックスタートアップのRevolut(レボリュート)が、2020年2月に発表したシリーズDラウンドの一環として8000万ドル(約85億円)を調達したと発表した。新たな資金はTSG Consumer Partnersからのものだ。

同社は2020年2月、TCVを筆頭にして5億ドル(約530億円)を調達し評価額が55億ドル(約5840億円)に達した。本日の新たな資金調達は、その資金調達ラウンドを5億8000万ドル(約620億円)に拡大した。なお、同社は自社の評価額は変わらないと述べている。

Revolutをよく知らない人のために説明すると、同社は従来の銀行に代わる金融サービスを構築している。アプリから数分でアカウントを開設でき、アプリからお金を受け取ったり、送ったり、使ったりできる。またデビットカードも使えて、通貨を交換することもできる。

さらにRevolutは機能セットを拡大し、今や金融ハブ、お金に関連するすべてのもののためのスーパーアプリになろうとしている。例えば携帯電話に保険をかけたり、旅行用医療保険に加入したり、仮想通貨を購入したり、株式を購入したり、慈善団体に寄付してRevolutで節約もできる。

Revolutによると、今回の投資では米国向けに新機能を追加し、またヨーロッパ全域での銀行業務の展開に使われるという。Revolutは最終的にはヨーロッパ全域でクレジット商品を提供する予定だ。

Revolutはサブスクリプション管理ツールにも取り組んでいる。これを使えばユーザーはアクティブなサブスクリプションをすべて確認したり、Revolutから解約したり、無料トライアルが終了した際にアラートを受け取ることができる。

現在、Revolutには1200万人の登録ユーザーがいる。

関連記事:Revolutが子供のお小遣い管理に役立つRevolut Juniorの提供を開始

カテゴリー:フィンテック

タグ:Revolut 資金調達

原文へ

(翻訳:塚本直樹 Twitter