レトロゲーム
Analogue Pocket

ゲームボーイなどレトロポータブルゲームを楽しめるAnalogue Pocketが8月3日に予約開始

次の記事

スタンフォードの院生はVCに頼らずクラスメートから投資を受ける

Analogueは、レトロゲームに関しては業界のリーダーであることをたびたび証明してきた。ファミコン、スーファミ、メガドライブなど、さまざまなゲームを最新のハードウェアでかなり忠実に再現してみせた。同社は2019年10月に、次世代のポータブルゲーム機となるAnalogue Pocketを発表した。それがようやく予約注文を受けるところまでこぎ着けた。標準で、ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンスのカートリッジがそのまま動く。アダプターを使えば、さらに多くのレトロなポータブルゲーム機用のゲームで遊べるようになる。

画像クレジット:Analogue

Analogue Pocketは、米国太平洋標準時の8月3日の午前8時(日本時間8月4日午前1時)から199.99ドル(約2万1000円)で予約を受け付ける。ただし実際に出荷されるのは、それよりかなり後になる。Analogueでは、実際にこのゲーム機を予約者に向けて出荷できるのは、2021年5月になると考えている。同社によれば、それも「我々にはどうすることもできない不幸な世界情勢とサプライチェーンの問題」によるのだという。もちろん、進行中の新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックと、それが電子部品のサプライヤーに与える影響について危機感を抱いている独立系のメーカーは、Analogueだけではない。

画像クレジット:Analogue

とはいえ、辛抱強く待ちさえすれば、この製品はほぼ確実に入手できると安心していいだろう。Analogueには、これまでにもNt mini、Super Nt、Mega Sgなど、多くの製品を出荷してきた実績がある。そうしたゲーム機は、単に約束を果たしたというだけのものではなかった。エミュレーションに頼ることなく、最新のテレビやディスプレイで、クラシックなゲームをプレイ可能にするという素晴らしいパフォーマンスを提供したのだ。

Analogue Pocketは、2019年に発表されたときのものと比べて、若干デザインが変更されている。スタートとセレクトの両ボタンが、本体前面の底部に近い場所に移動した。同社によると「使いやすさを最適化する」ためだという。またPocketをテレビに接続して大画面でゲームを楽しめるようにするDockは、埋め込み式のUSB-Cポートを備え、接続をより安定したものとしている。

クラシックなゲームプレイと最新の便利さを融合させる同社お得意の機能として、現在のスマホやタブレットと同様のスリープ/復帰機能を実現している。このゲーム機の電源ボタンを軽く1回押すと、低消費電力のサスペンド状態になる。その後、また電源ボタンを押せば、以前の続きからプレイを再開できる。これは、独自のセーブ機能を備えていないゲームをプレイする際には大きなメリットとなる。

画像クレジット:Analogue

Analogue Dockは99.99ドル(約1万500円)だ。有線、Bluetooth、または2.4GHzのワイヤレス接続で、最大4つのコントローラーを同時にサポートできる。別売りのマルチリンクケーブルを使えば、最大4台のPocketを接続して、ローカルでマルチプレーヤー対戦も可能となる。

Analogueでは、Pocket用のアクセサリもあれこれと提供する。例えば保管や持ち運びにも便利な透明なハードケース、USB-Cの急速充電器といったものから、ゲームギア、ネオジオポケットカラー、Atari Lynxのようなゲーム機のカートリッジ用アダプターもある。またMIDIアナログ同期ケーブルを使えば、MacやPC、電子楽器と接続して、同社製のNanoloop音楽制作ソフトウェアが利用可能となる。

画像クレジット:Analogue

同社は、このゲーム機のソフトウェア的な特徴もいくつか明らかにした。例えば「オリジナルディスプレイモード」では、オリジナルのゲーム機でのディスプレイ表示を、バグっぽいものも含めて忠実に再現する。一方、Pocketの内蔵ディスプレイは、耐久性の高いゴリラガラス製だ。リフレッシュレートは可変で、360度の自由な回転表示も可能となっている。

Analogue Pocketは4300mAhの充電式バッテリーを内蔵し、6〜10時間のプレイ時間を実現している。プレイを中断した際には、スリープ状態で10時間以上持続するはずだ。

これはこれまでのAnalogue製品の中でも、間違いなく最も素晴らしいものであり、ポータブルゲーム機として驚きをもって迎えられる製品となるはずだ。

画像クレジット:Analogue

原文へ

(翻訳:Fumihiko Shibata)