ブロックチェーン関連スタートアップのHashHubが個人向け会員制レポート提供サービス「HashHub Research」を開始

次の記事

Boston Dynamicsのイヌ型ロボが改修を重ねて現状がわからなくなったフォードの工場内をマッピング

ブロックチェーン関連スタートアップ企業のHashHubは7月28日、ブロックチェーン関連レポートなどを企業に提供する「HashHub Business」(ハッシュハブ ビジネス)、また個人を対象とする「HashHub Research」(ハッシュハブ リサーチ)とを発表した。ブロックチェーン・暗号資産に関するレポートを会員に配信する部門d10n Labをリブランディングしたもの。

HashHub Research HashHub Business

HashHub Businessは法人向けの会員制フルサービス。DXや新規事業企画を行う中でブロックチェーン活用を実施・検討している企業に向けたもので、すでに開始済み。レポートの社内共有や調査内容のリクエスト機能に加えて、会員企業1社ごとにHashHubの担当リサーチャーがいつでもディスカッションを行えるようにして、企業の事業構築をサポートする。レポートとは別にブロックチェーン関連の技術支援・コンサルティングなども行い、企画段階から開発まで支援できる体制も整えている。

HashHub Researchは個人向けの会員制サービス。法人向けフルサービスからレポート購読のみできるようにし、個人の学習を支援する(一部利用できないレポートがある)。既存個人会員には、暗号資産で投資をしている方、エンジニアとしてブロックチェーンの技術・ビジネス動向を学びたい方などがいるという。

2018年4月設立のHashHubは、ブロックチェーン総合企業として自社プロダクト開発、ブロックチェーン業界リサーチレポート提供、主に国内企業をクライアントにしたブロックチェーン関連の開発支援などを実施。

また、東京大学周辺エリアを拠点に国内外の暗号資産・ブロックチェーンのスタートアップ・開発者が集うコワーキングスペースを運営。ブロックチェーンサービスが生まれる環境を整え、日本と海外、また他業界をつなぐハブになることを目指し事業を展開している。

HashHub Research HashHub Business

関連記事:起業家の有安氏を含む6人のメンバー、ブロックチェーン特化のコワーキングスペース立ち上げへ

カテゴリー:ブロックチェーン

タグ:HashHub 日本