宇宙
宇宙観光
Virgin Galactic

眺めを重視したVirgin Galactic観光宇宙船の内装に注目

次の記事

東京工業大学発ベンチャー認定企業aiwellが資金調達を実施

有人宇宙飛行の商用サービス開始に向けた準備が進む中、Virgin Galactic(バージン・ギャラクティック)はVSS Unity(ユニティー)宇宙船の客室の最終デザインを初めて公開した。同社は、本日開かれたバーチャルイベントでその内部を披露し、VRを使って私も含む報道関係者を特別に案内してくれた。客室は、1回数万ドル(数百万円)という料金に見合う乗客のエクスペリエンスを第一に考えて作られている。

Virgin GalacticのVSS Unityは、最大6人の乗客で宇宙の準軌道を飛行するという、前代未聞の旅を提供する。そこでは無重力を体験でき、地球の丸さや大気圏外の宇宙の暗さを観察できる。客室は、料金を支払って搭乗した民間宇宙飛行士たちの飛行中の安全性、居住性、自由が最大限に確保できるよう設計されている。Unityは母機で上空に運ばれ、切り離された後にロケット噴射によって急加速される。宇宙空間では自由浮遊飛行となり、最後に大気圏を脱出したときとは反対の方向に高い加速度がかかる形で地上に帰還する。

快適な飛行を可能にするために、Virgin GalacticはUNDER ARMOUR(アンダー・アーマー)と共同で、カーボンファイバーとアルミにメタリックなローズゴールドのアクセントを織り込んだ三次元の柔らかい素材とファブリックを組み合わせるシートを開発した(UNDER ARMOURは乗客が着る専用宇宙服も作っている)。飛行の途中で乗客は地上の3倍の重力を体験することになるため、できる限り安全に快適に過ごせるように考えられている。このシートは、それぞれの乗客の体型に合わせて個別に製作される。その際、例えばポニーテールにしている人ために頭がフィットするようにヘッドレストの中央に穴を設けるなど、大変に細かい部分まで配慮される。

シートに組み込まれた5点式シートベルトは、1つのボタンを押すだけで簡単に外すことができ、無重力状態になる自由浮遊飛行の際に危険にならないよう、ベルトはシートに内蔵された固定具の中に自動的に引き込まれる。地球に帰還するときには再びベルトを装着するが、そのときは簡単に場所がわかるようになっている。

すべてのシートは、無重力状態の間は手で掴まって体を支えるハンドグリップとしても活躍する。もっとも、客室内のあらゆるものがハンドグリップの役割を果たしている。どのシートも壁から突き出た取り付け具で固定され、下に空間が作られているのもそのためだ。これによりUnityが地球の大気圏を抜け、上下という概念がなくなったときに探索の幅が広がるわけだ。

同じ理由で、客室全体が柔らかい素材で作られている。また窓は2名の乗員用の3つを含めて全部で17箇所あり、乗客用の窓のそれぞれに柔らかい素材で作られたリング状の「ヘイロー」照明とハンドグリップそしてカメラが内蔵されている。この他にもVirginは、客室のいたるところにカメラを設置した。これには飛行中に条件が変化しても高画質の写真撮影ができるよう、映像の専門家が調整を施す。乗客が自分で撮影する手間を省き、それぞれの体験を最良の形で確実に記録することが狙いだ。Virginによれば、画像は着陸とほぼ同時に乗客に送られるため、宇宙旅行者たちは即座にSNSで写真をシェアできるという。

すべての座席が窓際席で、横と上に2つずつ窓が配置されていて、息を呑むような眺めが楽しめる。また、客室とロケットエンジンとを仕切る後方の遮蔽壁全体を大きな鏡が覆っている。これは、乗客が無重力での自分のおかしな姿を見て楽しむためのものだ。

シートは、飛行中の段階に応じて方向や角度が変わる。ロケットを噴射して3.5Gで加速中は背もたれが起きる。大気圏の縁をかすめて再突入のために3Gで減速するときは、背もたれが倒れる。各シートには情報ディスプレイがあり飛行中の状況を確認できるようになっているが、操縦士と副操縦士は完全に乗客と遮断されているわけではないため、理論的にはその場で乗客が質問することも可能だ。

Virgin Galacticでは、定期航空便が先駆者となって採り入れた飛行中の雰囲気を演出する照明方法を、宇宙用に作り直して採用している。客室のよく考えられた位置に巧妙に隠された照明器具から発せられる光が、飛行の各段階に応じて動的に変化する。客室の内装の詳細を表した下の写真を見て欲しい。3名搭乗の場合の座席の配置を示した写真では、片側に実験器具が並べられている(実験器具の搭載は、Virgin Galacticがもう1つの収益源として考えているものだ)。

  1. Virgin Galactic宇宙船客室のペイロード配置

    Virgin Galactic宇宙船客室のペイロード配置。
  2. Virgin Galactic宇宙船の宇宙でのシートの状態

    Virgin Galactic宇宙船の宇宙でのシートの状態。
  3. Virgin Galactic宇宙船シートの細部

    Virgin Galactic宇宙船シートの細部。
  4. Virgin Galactic宇宙船の宇宙での客室内部

    Virgin Galactic宇宙船の宇宙での客室内部。
  5. Virgin Galactic宇宙船客室の内装

    Virgin Galactic宇宙船客室の内装。
実際に料金を取って乗客を飛行させるまでには、まだ最後の準備が残されてはいるが、VSS Unityの内装が決定したことでゴールにぐっと近づいた。これはまったくユニークな提案であるため、実際に乗って確かめた人の意見なしに評価は下せない。しかし明らかにいえるのは、Virgin Galacticはこの宇宙旅行の料金が支払えるすべての人を満足させるために数多くの見解、考察、専門知識をこの宇宙船の内装デザインに注ぎ込んでいるということだ。

画像クレジット:Virgin Galactic

原文へ
(翻訳:金井哲夫)