テスラが自動運転ソフトと駆動システム、バッテリーを他メーカーに供給へ

次の記事

伊藤忠商事がエストニアのベンチャーキャピタルへの出資発表

Tesla(テスラ)でCEOを務めるElon Musk(イーロン・マスク)氏は米国時間7月28日夜にTwitter(ツイッター)で、同社が他の自動車メーカーに「ソフトウェアをライセンスし、パワートレイン(駆動システム)とバッテリーを供給する」意向であると語った。さらにマスク氏は、テスラがさまざまな運転状況に合わせた高度なクルーズコントロールを可能にする運転支援ソフトウェアであるAutopilot(オートパイロット)もライセンスの提供範囲に含まれていることを付け加えた。

同氏は、ドイツの自動車メーカーがEVを製造するにあたり、テスラとの技術格差をいかに埋めようとしているかを書いたテスラ専門のニュースサイトであるTeslarati(テスララティ)誌の記事に言及した。Volkswagen(フォルクスワーゲン)のHerbert Diess(ヘルベルト・ディース)会長は過去の発言で、マスク氏とテスラのさまざまな分野における実績を称賛していた。

VWは独自のEVプラットフォームであるMEBを開発し、スポーツセダンからSUVまで複数の電気自動車の基盤として利用しようとしている。また同社は、MEBの技術をほかの自動車メーカーへライセンスすることにも積極的で、昨年7月にFord(フォード)のヨーロッパ事業向けにライセンス契約を結んだ。

マスク氏は、テスラがライセンスに関心を持ったのは「ライバルを倒すのではなく、維持可能エネルギーを加速する」という同社の根底にある目標に端を発しているとツイートで語った。同社が目標達成のために技術を開放する意志を表明するのはこれが初めてではない。2014年に同氏はブログで「テスラは自社の知的財産を『同社のテクノロジーを善意で使いたい人全員に』利用できるようにする」ことを発表した。

だからといってテスラがときおり潜在的ライバルを法的手段の標的にするのをやめたわけではない。先週同社は電気自動車メーカーのRivianおよび元社員4名を営業秘密窃盗と従業員の不正引き抜きがあったとして訴えた。

プラットフォームのライセンス供与や部品の供給は、自動車メーカー業界では多くの前例がある。また、テスラの自動車販売売上にマイナスの影響をあたえるものでもない。それは同社のセールスポイントがパワートレインとバッテリーという基本部分以外にもたくさんあるからだ。

VWはフォートとの提携を発表した時に、MEBの契約を通じて最大200億ドル(2兆1000億円)の売上を期待していると語り、その大部分がMEBの部品供給によるものだと語った。テスラも同様の利益を、おそらく世界的に拡大して実現するだろう。もし同社がパワートレインとバッテリーの生産能力を自社の需要以上に高めることができればなおさらだ。

画像クレジット:Tesla

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook