フィットネススタートアップのTempoが約63億調達、コロナ禍で需要増す家庭分野でMirrorと競合

次の記事

レントゲンに代わる低コスト小型スキャナー開発のNanoxが約62億円調達、5G利用で救急車搭載も夢ではない

ホームフィットネスはここのところ盛り上がっている分野だ。このカテゴリーはここ数年ですでにかなりの勢いを得ているが、現在進行中の新型コロナウイルスのパンデミックによりさらに大きな関心を集めている。結局のところ、いくつかのジムは再開しているものの、依然として大きなリスクがあり、あらゆる共同スペースの中で最も潜在的な感染リスクが高い場所の1つである。

米国時間7月29日朝にTempoは、シリーズBラウンドで6000万ドル(約63億円)を調達したと発表した。リードしたのは。Norwest Venture PartnersとGeneral Catalystで、ほかにもFounders Fund、Signal Fire、DCM、Y Combinator、Bling Capitalが出資している。

このニュースは、サンフランシスコを拠点とするMirrorがフィットネスブランドのLululemonに5億ドル(約520億円)で買収されてから、ほぼ1カ月後に発表された。ここで注目すべきは、家庭用フィットネス機器メーカーであるPelotonの成功が続いていることだ。ここ数週間でほかにも多くの新興企業が資金調達を発表しており、Technogymのような大手企業も独自のホームストリーミングサービスを導入している。


Tempoのデバイスは2000ドル(約21万円)以下で、それに加えて月額39ドル(約4100円)のメンバーシップがあり、筋力、有酸素運動、その他のさまざまなエクササイズをライブストリーム、またはオンデマンドでコンテンツとして提供する。注目すべきは、実際の販売台数は明らかにしていないものの、今年2月に予約注文を開始してから売上が500%急増したこともあり、年末までに1億ドル(約110億円)の売り上げを達成する予定だという。

これは間違いなく口コミによるものだが、同社は確かに新型コロナウイルスの影響における急速な成功における役割を否定していない。「何千万人もの人々がジムに通うこともクラスに参加することもできない一方、消費者のフィットネスに対するニーズは進化している」と、同社はプレスリリースで述べている。「アプリベースのサービスは、ほとんどの人に効果を発揮するために必要な機器が不足しており、一方で以前のスマートデバイスは、双方向のガイダンスなしで動画をストリーミングするだけのことが多い」。

原文へ

(翻訳:塚本直樹 Twitter