Tera Ventures II Usaldusfond
Tera Ventures

伊藤忠商事がエストニアのベンチャーキャピタルへの出資発表

次の記事

産業用リモートセンシングのスカイマティクスが日本初のAI米粒等級解析アプリ「らいす」公開

伊藤忠商事は7月30日、エストニアのベンチャーキャピタルTera Venturesが組成する2号ファンドTera Ventures II Usaldusfondへの出資を発表した。

Tera Venturesは、エストニアにおける「Top European VC」に選出された、政府系ファンドSmartCapを継承する形で2016年に設立。バルト三国を中心とした周辺地域における強いローカルネットワークだけでなく、フィンランドやアメリカにも拠点を抱えている。グローバルな情報収集とともに、地場に根差したスタートアップに出資しているという。

今回のファンドはその2号ファンドとなり、SaaS、リテールテック、デジタルマーケティングなどの分野を投資対象としている。

伊藤忠商事はこれまでにも、米国やイスラエル、中国での有力なベンチャーキャピタルへの出資、また出資先スタートアップとの協業や海外展開支援を実施。直近では乗合システムを提供するVia Transportation(Via)への投資、さらに同社システムを日本で提供するVia Mobility Japanへの戦略的事業投資も行っている。

今回のTera Venturesへの出資を通じ、DX分野において新たに世界をリードする期待を集めるバルト三国や北欧諸国での有望なスタートアップとの協業を実現し、国内外での新たなサービス開発や、各社の収益力向上・経済全体の活性化に寄与することを目指すという。

エストニアは、行政手続きが99%オンラインで完結できるなど、世界最先端の電子国家とされる。サイバーセキュリティや暗号化技術などのエンジニアが多く集まるほか、国外の起業家も進出しやすく、Skypeをはじめ多くの革新的企業が誕生している。