Android用Chromeのオートフィル機能で生体認証が利用可能に

次の記事

全エンジニアがGoogle出身のスマイルロボがNEDOスタートアップ事業化支援公募で採択、新たな資金調達も実施

米国時間7月30日、Google(グーグル)はAndroid版Chromeのオートフィル機能をアップデートした(Chromiumブログ記事)。クレジットカードを使うときに、CVCコードではなく生体認証を利用するのだ。ほかに内蔵のパスワードマネージャーがアップデートされ、サイトへのサインインがやや簡単になった。

画像クレジット: Google

Chromeはすでに、Windows上とmacOS上ではW3CのWebAuthnスタンダードによる生体認証を使っている。今回のアップデートで同様にAndroidでも利用可能になる。

Android上のブラウザーで何かを買うと、本人性を確認するためにクレジットカードのCVCコードの入力を求められる。クレジットカードの番号がスマートフォン上に保存されていてもだ。しかし自分のクレジットカードが手元にないときなどは、コードの入力が面倒だ。

そこで今度からは、スマートフォンの生体認証を使って、指紋だけでスニーカーなどを買えるようになる。クレジットカードのCVCはいらない。もちろん、この新しいシステムは強制ではないので、オプトアウトもできる。

パスワードマネージャーのアップデート内容は、保存されている各サイトのアカウント情報をAndroidの標準のダイアログからオートフィルできること。デスクトップのパスワードマネージャーでは、とっくに実現していた機能だが、このアップデートでChromeも随分便利になる。パスワードマネージャーを使う人が増えれば、ウェブもより安全になるだろう。この新機能は数週間後にAndroid上のChromeに追加されるが、同社によると今後はもっとさまざま便利機能が登場するそうだ。今回は、その序の口のようだ。

画像クレジット: Google

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa