TikTokの米国事業に対する圧力が高まる中、Bytedanceはユーザーのつなぎ止めを模索

次の記事

ゲノム編集技術「CRISPR」ベースの新型コロナ診断テストが米国立衛生研究所の資金獲得

TikTok(ティックトック)の米国事業が存亡の危機に瀕したジェットコースターに乗っている間、親会社であるBytedance(バイトダンス)が事業の維持継続できるように、米国の企業と言論の自由、大量の資金、そして議論で、規制当局と一般大衆を揺さぶろうとしている。

同社の米国内でのビジネスを検証しようとする動きは、TikTokの米国事業を継続するために大統領の禁止令の回避やMicrosoft(マイクロソフト)からの入札の可能性があるとの報道が渦巻いていることを受けてのことだ。

米国内の競合他社や政治的な攻撃に直面する中、TikTokとその親会社であるBytedanceは、米国の公民権運動の擁護者をいくつかピックアップした。米国時間8月1日夜遅く、米国公民権連合(American Civil Liberties Union、ACLU)はトランプ大統領が提案した禁止措置(未訳記事)に異議を唱えるツイートをした。

「いかなるインターネットプラットフォームでも、我々は機密の個人データが政府に漏れる危険性を懸念すべきである」とACLUと説明したあとで「しかし、今回のTikTokの米国事業の禁止が法的に可能であったとしても、1つのプラットフォームをシャットダウンすることは、オンラインでの言論の自由を害し、不当な政府の監視というより広範な問題を解決するものにはならない」と続けた。

一方中国では、米国がBytedanceに米国の利益を売却することを強要することに抵抗感を持っているよ人が多いようだ。新浪科技がソーシャルメディアプラットフォーム「微博」で実施した調査(Weibo投稿)では、BytedanceがTikTokをマイクロソフトに売却する可能性があることについてどう思うかを尋ねたところ、回答者75.3万人のうち36.7万人が「消極的で無力な解決策であることは理解できる」とし、35.1万人が「失望している、もう少し持ちこたえてくれることを期待している」と答えている。

サービスの所有権が不明のままであるにもかかわらず、TikTokは米国での運営を継続することをユーザーに安心してもらうために迅速に動いた。同社はまた、ユーザーデータの取り扱いを誤る可能性があることを理由に離反者に直面しているにもかかわらず、クリエイターへのアピールを強化している。

米国時間7月28日には、同社の最大のセレブたちが集まって4700万人の視聴者を集め、Trilerと呼ばれるTikTokのプラットフォームを捨ててはるかに小さなライバルのTrilerに乗り換える(Los Angels Times記事)ことを明らかにした。

Trilerは、TikTokが米国で爆発的な人気上昇を始めた2年前の2015年に設立され、Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)、The Weeknd(ザ・ウィークンド)、Marshmello(マシュメロ)、Lil Wayne(リル・ウェイン)、Juice WRLD(ジュースWRLD)、Young Thug(ヤング・ジューク)、Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)、Baron Davis(バロン・デイヴィス)、Tyga(タイガ)、TI、Jake Pual(ジェイク・ポール)、Troy Carter(トロイ・カーター)を含む米国の音楽やエンターテイメントの大物が支援している。

Trilerには現在、TikTokのスターであるJosh Richards(ジョシュ・リチャーズ)、Griffin Johnson(グリフィン・ジョンソン)、Noah Beck(ノア・ベック)、Anthony Reeves(アンソニー・リーブス)が投資家やアドバイザーとして参加している。また、リチャーズ、ジョンソン、ベックとリーブスはTrillerからも補償を受けているが、TikTokをやめる理由として挙げているのは、政府のセキュリティー上の懸念だ。

Trillerは「取引の詳細は非公開だがリチャーズ、ジョンソン、ベック、リーブスにも補償を行っている。にもかかわらず、クリエイターは中国に所有されている会社のセキュリティ慣行を警戒するようになったのでTikTokを離れることになった」と説明する。

「米国や他の国の政府がTikTokを懸念しているのを見て、私のフォロワーや他のインフルエンサーを保護し、導く責任があることを知って、起業家としての本能に従い、解決策を見つけることを使命としました」と、最高戦略責任者に就任するリチャーズ氏はLos Angels Times紙に語っている。

TikTokはこういった動きに同社のクリエイターファンド(未訳記事)の大幅な増額で応えた(TikTokブログ投稿)。当初は2億ドル(約212億円)に設定されていたが、今週初めにTikTokの最高経営責任者である(ケビン・メイヤー)氏は、ファンド総額は今後3年間で10億ドル(約1060億円)に達すると発表した。

TikTokのこの魅力的な攻勢はユーザーの流出を食い止めることができるかもしれないが、同社はユーザーデータに関する懸念に対処する必要があるだろう。ユーザーデータの保護は同社にとって最も差し迫った脅威であり、対処するための準備が最も不足している。