アップルが新27インチiMac発表、第10世代CoreとSSDを標準搭載、21.5インチはモデルチェンジなし

次の記事

あらゆるスペースを貸し借りできる「スペースマーケット」が新たにワークスペース特化シェア開始

アップルは日本時間8月5日の未明に、27インチiMacの新モデルを発表した。すでにオンラインのアップルストアでは注文可能になっており、価格は税別19万4800円から。本稿執筆時点ではCTOなしの一部モデルは2020年8月7日に出荷される。

プロセッサーがインテル最新の第10世代Coreプロセッサーに進化し、ストレージは標準搭載でSSDなった。ちなみにこれまでのiMacは、HDDとSSDを組み合わせて高速化と大容量をSSDより安価に実現する独自のFusion Driveを搭載してきた。ディスプレイには、価格50万円超えの同社の超高価格・高機能32インチRetina 6KディスプレイのPro Display XDRでも選べるNano-textureガラスがオプションで用意される。同ガラスはマット仕上げなので、映り込みの軽減が期待できる。

標準構成は以下の3モデル。グラフィックのラインアップはAMDのRadeonシリーズのみ。Radeon Pro VegaシリーズやNVIDIA(エヌビディア)のGeForceシリーズは選べないので、CTOでカスタマイズしてもWindowsマシンに比べるとグラフィック性能は劣り、おおむね中上位クラスとなる。

下位モデル
CPU:第10世代Intel Core i5(3.1GHz/最大4.5GHz、6コア)
メモリ:8GB(2666MHz DDR4メモリ)
ストレージ:256GB(SSD)
グラフィック:Radeon Pro 5300(4GB GDDR6メ‍モ‍リ)
主な拡張ポート:Thunderbolt 3ポート x 2、ギガビットイーサネット×1、USB-A(USB 3.1)×4、SDXCカードスロット(UHS-II)、35mmステレオミニプラグ
ディスプレイ:5120×2880解像度のRetina 5K P3ディスプレイ(True Tone搭載)
無線通信:IEEE802.11ac、Bluetooth 5.0
税別価格:19万4800円

中位モデル
CPU:第10世代Intel Core i5(3.3GHz/最大4.8GHz、6コア)
メモリ::8GB(2666MHz DDR4メモリ)
ストレージ:512GB(SSD)
グラフィック:Radeon Pro 5300(4GB GDDR6メ‍モ‍リ)
主な拡張ポート:Thunderbolt 3ポート x 2、ギガビットイーサネット×1、USB-A(USB 3.1)×4、SDXCカードスロット(UHS-II)、35mmステレオミニプラグ
ディスプレイ:5120×2880解像度のRetina 5K P3ディスプレイ(True Tone搭載)
入力デバイス:Magic Keyboard(日本語JIS)、Magic Mouse 2
無線通信:IEEE802.11ac、Bluetooth 5.0
税別価格:21万6800円

上位モデル
CPU:第10世代Intel Core i7(3.8GHz/最大5.0GHz、8コア)
メモリ:8GB(2666MHz DDR4メモリ)
ストレージ:512GB(SSD)
グラフィック:Radeon Pro 5500 XT(8GB GDDR6メ‍モ‍リ)
主な拡張ポート:Thunderbolt 3ポート x 2、ギガビットイーサネット×1、USB-A(USB 3.1)×4、SDXCカードスロット(UHS-II)、35mmステレオミニプラグ
ディスプレイ:5120×2880解像度のRetina 5K P3ディスプレイ(True Tone搭載)
入力デバイス:Magic Keyboard(日本語JIS)、Magic Mouse 2
無線通信:IEEE802.11ac、Bluetooth 5.0
税別価格:24万9800円

全モデルとも、メモリはすべて注文時に最大128GBに変更可能で、ユーザーによる後付け増設スロットもある。また、プラス5万円でディスプレイをNano-textureガラス、プラス1万円でギガビットイーサネットを10ギガビットイーサネットにそれぞれ変更できる。

付属の入力デバイスは、Magic Keyboard(日本語、JIS)とMagic Mouse 2だが、テンキー付キーボード(プラス3000円)や他言語配列のキーボード、Magic Mouse 2からMagic Trackpad 2への変更(プラス5000円)、Magic Mouse 2とMagic Trackpad 2のセット(プラス7800円)も選べる。内蔵する無線通信は、IEEE802.11acとBluetooth 5.0で、最新のWi-Fi規格であるWi-Fi 6(IEEE802.11ax)には対応していない。本体サイズは幅65.0×スタンドの奥行き20.3×51.6cmで、重さは8.92 kg。

入力デバイスを含む上位モデルのハードウェア構成を最高価格のものにすると総額は以下のとおり。税別91万5600円なので、消費税込みだと100万7160円となる。

最上位構成
CPU:第10世代Intel Core i9(3.6GHz/最大5.0GHz、10コア)
メモリ::128GB(2666MHz DDR4メモリ)
ストレージ:8TB(SSD)
グラフィック:Radeon Pro 5700 XT(16GB GDDR6メ‍モ‍リ)
主な拡張ポート:Thunderbolt 3ポート x 2、10ギガビットEthernet×1、USB-A(USB 3.1)×4、SDXCカードスロット(UHS-II)、35mmステレオミニプラグ
ディスプレイ:5120×2880解像度のRetina 5K P3ディスプレイ(True Tone搭載、Nano-textureガラス搭載)
入力デバイス:Magic Keyboard(テンキー付き、日本語JIS)、Magic Mouse 2、Magic Trackpad 2
無線通信:IEEE802.11ac、Bluetooth 5.0
税別価格:91万5600円

なお、21.5インチモデルのスペック変更はなく、CPUは第7世代、第8世代のCoreシリーズ、グラフィックは内蔵Irisグラフィックス、Radeon Pro 555Xもしくは560Xと全体的なアーキテクチャが古い。

個人的には、8年前に27インチiMacをCPUとグラフィックを当時の最上位、メモリーを最大量にしたものを購入していまでも使い続けている。よほど高度な画像・動画処理やBoot Camp上のWindowsで3Dゲームをプレイする際にストレスを感じる程度で、今でも現役で十分使える。次期OSのBig Sur(ビッグサー)は非対応ながら。あと数年は使えそうな印象だ。

一方、今回の第10世代Coreプロセッサー搭載のiMacは、適度なCTOであればMacのラインアップの中で最もプライスパフォーマンスの高いお勧めのマシンだ。しかし、ARMアーキテクチャをベースとするApple Silicon搭載Macの登場を数カ月後に控えた微妙な時期に登場した。Apple SiliconはMacBookシリーズから順次採用されていくというのが大方の見方だか、近い将来にインテルiMacはApple Silicon iMacに置き換わると考えると、息の長いモデルになるとは思えない。業務利用ややむを得ずの買い替えを除くと購入は正直悩ましいところだ。

【2020.08.05 06:45訂正】27インチiMacのメモリスロットはユーザがアクセス可能で、メモリを後付け可能です。お詫びして訂正いたします。

関連記事:iPad Proのようなデザインの新iPhoneをアップルが準備中との報道

カテゴリー:ハードウェア

タグ:Apple iMac