SpaceXがStarshipのホップ飛行と着陸動画を公開

次の記事

サムスンが新ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds Live」を発表、2万円弱ででアクティブノイキャン搭載

SpaceX(スペースX)は米国時間8月4日の火曜日の夜、宇宙船Starshipの開発プログラムを大きく進展させ、プロトタイプ機ことSN5をRaptorエンジン1基で推進し、約500フィート(約150m)の高度まで飛行させた。このテストは、テキサス州ボカ・チカにある同社のロケット開発・試験施設で行われ、実物大のStarshipのプロトタイプが離昇したのはこれが初めてだ。

SpaceXはテスト打ち上げ全体の動画を公開し、ドローン視点からの映像、SN5に搭載されたカメラからの映像、胴体内からのRaptorエンジンの動作、着陸に備えて展開される脚などを紹介した。

テストが成功した後、同社創業者でCEOのElon Musk(イーロン・マスク)氏は、Starshipの開発プロセスの次の段階を概説した。マスク氏によると、着陸脚は今後いくつかの変更を予定しており、まず長さが長くなり、次に幅が広く高くなり、より平坦でない地形に着陸できるようになるという。

関連記事:SpaceXがStarshipプロトタイプの高度150メートル飛行試験に成功

カテゴリー:宇宙

タグ:SpaceX Starship

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter