月4万円〜の定額で全国のワーケーション拠点に住み放題「ADDress」がシリーズBの資金調達

次の記事

TwitterのAndroid版でダイレクトメッセージに不正アクセスの可能性

広島県尾道市にオープンした、ADDressの広島県内第1号拠点。室内からは対岸の向島(むかいしま)が一望できる。

月額住み放題の多拠点居住プラットフォーム「ADDress(アドレス)」を運営するアドレスは8月6日、Bonds Investment Group(旧社名:オプトベンチャーズ)をリード投資家とし、山口フィナンシャルグループ傘下の山口キャピタルが運営するUNICORNファンドおよび個人投資家らから第三者割当増資による資金調達を実施したことを明らかにした。

ADDressは月額4万円からの定額で、全国の拠点に自由に住める多拠点コリビング(Co-living)サービスだ。個室を確保しながら、シェアハウスのようにリビングやキッチンなどを共有。空き家や空き別荘のオーナーと契約することで、遊休不動産の活用とコスト抑制を図っている。

5月20日には、ホテル・旅館・ゲストハウスなどの宿泊施設との連携強化を発表。リモートワークやワーケーションといった、コロナ禍を機に拡大する新しい働き方を支援し、職住融合型の滞在個室の提供を図る。

今回の第三者割当増資の引受先は以下の通り。

  • BIG2号投資事業有限責任組合(Bonds Investment Group
  • UNICORNファンド投資事業有限責任組合(山口キャピタル
  • 藤野英人氏(レオス・キャピタルワークス代表取締役社長)
  • 児玉 昇司氏(ラクサス・テクノロジーズ代表取締役社長)
  • 重松 大輔氏(スペースマーケット代表取締役社長)
  • 月岡 隆氏(個人)

ADDressは、広島県の尾道と山口県の岩国にそれぞれ県内第1弾となる拠点を展開。北九州市の門戸港にも進出するという。

本調達は、アドレスにとってシリーズBラウンドに当たる。同ラウンドは継続中で、複数の事業会社やVCなどから追加調達を実施して2020年9月中に完了する予定とのこと。調達金額は非公開だ。