アステラス製薬
Elix(企業)

NVIDIAのGPUで新型コロナ研究中のAIスタートアップElix、アステラス製薬とAI創薬の共同研究開始

次の記事

データエンジニアの悪夢を解消するプラットフォームDatafoldがまもなくデビュー

AIスタートアップのElixは8月6日、アステラス製薬との共同研究を7月から進めていることを明らかにした。

両社の共同研究は、AIを活用した化合物の薬理活性やその他の特性(ADME、物性、毒性など)の予測、化合物構造の生成、化合物の逆合成解析を目的とするもの。創薬は、さまざまな組み合わせから有効な化合物構造を創り出す必要があるため、時間とコストが非常にかかる事業であり、AIの活用に注目が集まっている分野だ。しかし、特性予測や化合物構造生成のAI研究が進む一方で、化合物の合成可能性についてはまだあまり考慮されていない状況にあるという。

そこで、AIによる特性予測と化合物構造生成に加えて逆合成解析に注力し、合成可能性の高い化合物構造の生成や、より効率の良い合成経路探索に重きを置いて研究を進めていく。Elixによると、2019年10月に創薬・医療系ベンチャーに特化した育成支援プログラムである「Blockbuster Tokyo」に参加したことをきっかけとして、AIを創薬領域に活用する事業に参入を決めたとのこと。

Elixは、AI創薬のほか、マテリアルズ・インフォマティクスとコンピュータービジョン(画像認識)を主力領域として事業を展開しており、新型コロナウイルスの治療薬探索に関する研究(NVIDAブログ記事)なども実施している。同社は、NVIDIA(エヌビディア)がスタートアップの市場参入を支援するプログラム「NVIDIA Inception」のメンバーで、ディープラーニングアルゴリズムの学習と推論に「NVIDIA DGX Station 」を活用している。