モバイルPASMOが2020年中にiPhoneとApple Watchに対応

次の記事

Disrupt 2020でバーチャルネットワーキングを最大限に活用する方法

PASMO協議会は8月6日、2020年中にApple Payに対応することを発表した。これにより、モバイルPASMOをNFC-F(FeliCa)搭載のiPhoneやApple Watchで使えるようになる。サービスの内容や開始日については、詳細が決まり追って公開するとのこと。

モバイルPASMOは現在Android端末のみ対応しており、東京メトロや都営地下鉄、首都圏の大手私鉄などで乗車券や定期券の代わりとして使えるほか、交通系ICカードでの決済に対応している全国の駅の改札や各種店舗で利用可能だ。

気になるのは、iPhoneやApple Watch上でモバイルSuicaと共存可能なのか、排他仕様になるのか。ちなみにAndroid端末でも、モバイルPASMOとモバイルSuicaを同一端末上で共存させられるのは、Pixel 4シリーズなど一部の端末に限られる。