サムスンがAndroidタブ「Galaxy Tab S7/S7+」を発表、初のAndroid版「CLIP STUDIO PAINT」同梱

次の記事

YouTubeが中国の多数のアカウントを「政治的スパム」として削除

サムスンは8月5日、11型Android 10タブレット「Galaxy Tab S7」、12.4型「Galaxy Tab S7+」および各5G対応版を発表した。

Galaxy Tab S7およびS7+は、スタイラスペン「S Pen」最新版が付属。CLIP STUDIO PAINT初のAndroidバージョンとして、プロ向けイラスト・マンガ制作ツール「CLIP STUDIO PAINT EX」を同梱しており、6ヵ月間無償利用できる。

サムスン Galaxy Tab S7

Tab S7/S7+ともマルチウィンドウ機能により最大3つのアプリを同時表示し切り替えながら利用できるほか、ブックカバーキーボードも付属しており、一般的なPCのように文字入力などを行える。

サムスン Galaxy Tab S7

また「Galaxy Note 20」シリーズ同様、Samsung Notesアプリを利用し、PowerPointデータ・Wordデータの書き出し、各種データの同期などを行える。

Galaxy Tab S7は、最大解像度2560×1600ピクセル(276ppi)の11型LTPS TFT液晶ディスプレーを搭載。リフレッシュレートは最大120Hzで、色域はDCI-P3準拠となっている。

メモリーは6/8GBで、ストレージは128/256/512GB。外部ストレージとして最大1TBのmicroSDカードを利用可能サイズは253.8×165.3×6.3mmで、重量は498g(Wi-Fi)、500g(LTE)、502g(5G)。

Galaxy Tab S7+は、最大解像度2800×1752ピクセル(266ppi)の12.4型Super AMOLED(有機EL)ディスプレーを搭載。リフレッシュレートは最大120Hzで、色域はNTSC準拠。またHDR10+に対応。サイズが285.0×185.0×5.7mmで、重量は575g(Wi-Fi/LTE/5G)。

Galaxy Tab S7は動画再生時最長15時間稼働可能で、Galaxy Tab S7+は最長14時間。どちらも高速充電をサポートしている。

サムスン Galaxy Tab S7

サムスン Galaxy Tab S7

 

関連記事
サムスンがスクリーンやヒンジを改善した新折り畳みスマホ「Galaxy Z Fold 2」を発表
サムスンが新ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds Live」を発表、2万円弱ででアクティブノイキャン搭載
サムスンが新スマートウオッチ「Galaxy Watch 3」を発表、回転ベゼルがスリムになって復活
Samsungが「S Pen」スタイラスペン強化の最新スマホ「Galaxy Note 20」シリーズ発表

カテゴリー:ハードウェア

タグ:サムスン Galaxy