サムスンが「S Pen」スタイラスペン強化の最新スマホ「Galaxy Note 20」シリーズ発表

次の記事

サムスンが新スマートウオッチ「Galaxy Watch 3」を発表、回転ベゼルがスリムになって復活

Samsung Electronicsは8月5日、オンライン発表会「Unpacked 2020」を開催。ペン対応6.7型スマートフォン「Galaxy Note 20」、同じくペン対応の6.9型「Galaxy Note 20 Ultra」を発表した。Galaxy Note 20はライトユーザー向けにあたり、同Note 20 Ultraはビジネス用途での生産性向上も求めるパワーユーザー向けフラグシップと位置付けられている。

Note 20/Note 20 Ultraは、本体に格納できる付属スタイラスペン「S Pen」関連の機能を強化。S Penによる入力時の応答性と精度の向上をうたっており、ジェスチャー機能なども強化された。

S Penの仕様は、サイズ5.8×4.35×105.08mm/重量3.04g。先端径0.7mmで、筆圧検知4096レベルをサポート。最大24時間駆動可能なバッテリーを内蔵している。

またSamsung Notesアプリでは、クラウド利用の自動保存機能と同期機能を搭載し、タブレットやPCからもアクセス可能。手書き文字をテキストデータに自動変換可能なほか、ななめに書いた文字を自動矯正し水平に整列する機能を採用している。レコーダーで音声を録音しながら日付入りメモを取れる音声ブックマーク、PDFファイルへの書き込みやハイライトの追記なども行える。Windows 10との連携が打ち出されており、Microsoft OneNoteおよびOutlookとの同期が可能なほか、リマインダーをOutlook、To Do、Teamsと同期できるようになる(11月提供開始予定)。

Samsung Electronics Unpacked 2020 Galaxy Note 20 Ultra

Note 20は、最大解像度1080×2400ピクセル・393ppiの6.7インチ有機ELディスプレーを搭載。サイズは75.2×161.6×8.3mmで、重量192g。

背面カメラは3眼構成タイプで、12MP(1200万画素)の超広角カメラ(F2.2)、12MPの標準(F1.8)、64MPの望遠(F2.0)を採用。前面カメラは10MP(F2.2)。背面カメラの動画撮影機能については、8K(7680×4320、24FPS)、4K UHD(3840×2160、60FPS)、フルHD(120/60FPS)などでの解像度をサポートしている。

メインメモリーは8GB(LPDDR5)で、ストレージは128/256GB。インターフェースはUSB Type-C。有線または無線による給電が可能。

Note 20 Ultraは、最大解像度1440×3088ピクセル・496ppiの6.9インチ有機ELディスプレーを採用。リフレッシュレートは120Hz。サイズは77.2×164.8×8.1mmで、重量208g。

背面カメラは3眼構成タイプ。12MPの超広角カメラ(F2.2)、108MP(1億800万画)の標準(F1.8)、12MPの望遠(F3.0)を採用。前面カメラは10MP(F2.2)。こちらも8K(7680×4320、24FPS)の撮影が行える。

メインメモリーは12GB(LPDDR5)で、ストレージは128/256/512GB。外部ストレージとして最大1TBのmicroSDカードを利用できる。インターフェースはUSB Type-C。有線または無線による給電が可能。

Samsung Electronics Unpacked 2020 Galaxy Note 20 Ultra

関連記事
グーグルがAndroid 10搭載の最新スマホ「Pixel 4a」を日本発売、秋には5G対応「Pixel 5」リリース

カテゴリー:ハードウェア

タグ:サムスン Galaxy