NTTドコモとPUBG JAPANが「PUBG MOBILE」公式eスポーツ大会開催、賞金総額1000万円

次の記事

ミクシィがエンタメ業界のDX推進ファンド設立、1号ファンドは最大30億円予定

NTTドコモとPUBG JAPANは8月7日、スマホ向けゲーム「PUBG MOBILE」の公式eスポーツ大会「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 0」を開催すると発表した。開催期間は8月29日~10月18日。NTTドコモは、世界的に盛り上がりを見せるeスポーツにおいて、若年層の会員基盤の拡大および5G時代における新たな価値創造を目指し、同大会を開催するとしている。

賞金総額は1000万円。最後まで生き残り、勝利を手にしたチームには優勝賞金400万円のほか、PUBGが公認する世界大会への出場権を獲得できる。

同大会は全試合4人でチームを構成するSQUAD戦で行うため、1チーム4名(+補欠1名まで)でエントリーを募集。一般参加チームのエントリー受け付けは同大会の特設サイトで行える。

同大会はオープン大会で、8月29日~9月13日にGROUP STAGE1、GROUP STAGE2、GROUP STAGE3を実施。勝ち上がった23チームと、「PUBG MOBILE JAPAN CHAMPIONSHIP SEASON3」(PMJC SEASON 3)の優勝チーム1チームを加えた全24チームが、9月26日~10月11日のSEMI FINALで対戦。さらに勝ち残った16チームが10月17日~10月18日のGRAND FINALで対戦する。

なお、GROUP STAGEについては全日程、またSEMI FINAL・GRAND FINALは全試合をYouTubeの「PUBG JAPAN Officialチャンネル」などで生中継する。

「PLAYERUNKNOWN‘S BATTLEGROUNDS」(PUBG。プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)は、バトルロイヤルゲームのパイオニアとして知られ、全世界で1億人がプレイしているとされる。そのモバイル版アプリ「PUBG MOBILE」は、2018年の配信開始以来全世界総ダウンロード数6億を達成。世界中で大会が開催されるなど高い人気を誇っているという。