国産IoT猫トイレの「トレッタ」が米国進出、ロイヤルカナンを傘下にもつペット企業大手MARS PetcareのKinship部門と提携

次の記事

Instagramのハッシュタグ検索はバイデン氏よりもトランプ氏に有利な結果を返していた

カメラや重量計を内蔵するトイレで猫の体重や尿量などを日々モニターしつつ、LINEを活用した獣医師への相談ネットワークを構築し、猫の健康をテクノロジーで守るスタートアップであるトレッタキャッツ。同社が、いよいよ米国進出を果たす。

米国大手ペット企業MARS Petcare(マース ペットケア)のイノベーション部門であるKinship(キンシップ)と提携し、2020年秋より米国でパイロットプログラムを開始する。本プログラムを通じて、世界最大のペット市場である米国での事業展開を加速させる。

Kinshipは、1億ドル(約106億円)のベンチャーファンド、スタートアップアクセラレータープログラム、各種パートナーとの連携プログラムを推進しており、トレッタキャッツがその1社に選ばれたかたちだ。

パイロットプログラムではまず、2020年秋より米国の100人の飼い主と猫にトレッタを提供し、医療データとトレッタのデータを組み合わせ、獣医学的観点でビッグデータ分析を実施する。

トレッタキャッツが開発・販売中のIoTトイレのtolettaは、米国での特許も取得しており、今回のパイロットプログラムを足がかかりに、日本の9倍にもなる9000万頭の猫が飼育されている米国への本格進出を狙う。なお現在日本では、約5000頭の猫がtolettaを利用しているという。

関連記事:ねこIoTトイレ「toletta」のトレッタキャッツが動物病院向け連携プログラムを開始

カテゴリー:IoT

タグ:トレッタキャッツ ペット 日本