MOFTからスタンドに変身する巧妙なノートPCスリーブが登場

次の記事

定額制映画チケットサービス「MoviePass」創業者の次の一手

MOFT(モフト)は賢い製品を作る賢い会社だ。しばらくの間、私は彼らの以前の製品であるノートPCスタンドを見せびらかしていた。私がミーティングでそれを広げると注目の的だった。対面で使ったときもそうだった。だが実際には、私はやがてそれをマシンの底から引き剥がすハメに陥った。しばらくは問題なく使えていたのだが、MacBook Proの底部からの熱で、最後は溶けてベタつき面倒なことになったのだ。使えている間は楽しめた。

結局のところ、それはデザイン上の欠陥だったと思う。しかし、そうであったとしても、MOFTは成功してほしい企業の1つであり、他のアクセサリメーカーの従来のモデルに対抗した興味深い製品を作り続けてほしい。たとえば、MOFTの別の製品であるラップトップ用折り畳み式スタンディングデスク(MOFTサイト)を、私が買うかどうかはわからないが、それが存在することはうれしく思う。

一方、今回のMOFTキャリースリーブは、それよりは私好みだ。これもまた、同社が発表した折り畳み式スタンドだが、大切なことはそれが接着剤を使っていないということなのだ。そこが私の気に入っている大きな点の1つだ。粘着性のものに頼る代わりに、この折り畳み式スリーブは、現在市場に出ている多くの折り紙式タブレットケースと同様に機能する。基本的に、折り畳み可能な角と磁石の組み合わせて使って、さまざまな形状をとらせることができる。

関連記事:Moftのノート用折り畳みスタンドが手放せなくなってしまった

実際、かなりのことはわかったと思う。ノートPC用スリーブとしては、私の好みよりは多少かさばる感じだ。私のバックパックに入れるには少し大きい。だが、仕上がり品質は驚くほど素晴らしい。それは非常にリアルなビーガンフェイクレザーで、本物のレザーよりもサステナブルで、引っかき傷に強く耐水性がある。耳寄りな情報もある。カード入れと、多少伸縮する素材で作られたサイドポケットがついているのだ。

ケースは、ちょっと折り畳むことでスタンドに変身し、ノートPCを15度または25度の角度で支え、スライドしすぎないように小さな「フラップリミッター」を手前に備えている。同社は22ポンド(約10kg)までの重量をサポートできるという。私自身は限界を試していないが、今のところ私の15インチMacBook Proでは大丈夫のようだ。また出張を始めたら、はっきりとわかると思う。

画像クレジット: Brian Heater

なにしろ会社名のMOFTは、Mobile Office for Travelers(旅行者のための移動オフィス)の頭字語なのだ。もちろん現時点ではそれほど大きなビジネスではないものの、IndiegogoでMOFT Carry Sleeveはすでに30万ドル(約3180万円)を集めているの(MOFT Carry Sleeve×1はEarly Bird価格44ドル)で、とにかく興味は持たれているようだ。

【Japan編集部注】日本ではMakuakeで5080円から出資を受け付けている。

原文へ

(翻訳:sako)