テスラのライバルだったFaraday Futureが電気自動車のプロトタイプをオークションに出品

次の記事

Minecraft: Education EditionがChromebookに対応

Faraday Future(ファラデー・フューチャー)はまだ量産車を製造していない。この会社は2015年に、Tesla(テスラ)が支配する電気自動車市場をひっくり返すという大胆な目標とともに突如出現した。しかし、それもまだ起きていない。代わりに創業者は破産を宣告し、会社は設立メンバーの大半を失い、未だに量産車を生産する資金を確保できていないという期待はずれの状態だ。

それでもFaraday Futureは、これまでに何台かのプロトタイプをなんとか作ってきた。その1つが近々オークションを通じて販売(Worldwide Auctioneersリリース)される。出品される車は、Faraday Futureがスピードテストで時速60マイル(約96km)に2.3秒で到達したのと同じものだと言われている。同社がPikes Peakのヒルクライムレースに挑戦した車とも同じだ。オークションの出品リストには、かつてEPA(環境保護庁)がこの車を航行距離378マイル(608km)と認定したことも書かれている。

プロトタイプの内装は最小限の仕上げで、座席は床にボルトで止められ、ドアパネルは床と同じ材質で覆われている。それでも、ハンドルと大画面はついているが、その画面が動作するかどうかはわからない。

画像クレジット:Worldwide Autcioneers

もちろんこれは、日常で使用するために買うような車ではない。そもそも、運転すべきでもない。保証はついていない。

初期のプロトタイプは、 車のコレクターが熱望することが多い。量産車とは違う歴史があり、人々をワクワクさせるからだ。かつてFaraday Futureは、最も声の大きいTeslaのライバルだった。カリフォルニア拠点のスタートアップは大胆な主張を掲げたが、目に見える形で実現したものはなく、2020年になってもそれは変わっていない。このためこのプロトタイプは電気自動車の歴史で興味深い脚注となることはあっても、初代Model Tのように値段のつけられない価値をもつ車になることはないだろう。

原文へ

(翻訳:Nob Takahashi / facebook