現代自動車がEV専門ブランドIoniqを立ち上げ、2024年までに3種投入

次の記事

従業員同士の自律的協業を促すプラットフォームを開発中のBeaTrustが約3億円を調達

韓国のHyundai(現代自動車)は、EV専門のブランドIoniq(アイオニック)を立ち上げた。今後4年で3種の電気自動車をマーケットに投入する予定だ。Ioniqブランドは、2025年までに電気自動車100万台を販売し、EVマーケットのシェア10%を獲得するという現代自動車の広範な戦略の一環となる。

Ioniqという名をどこかで聞いたことがあるような気がするかもしれない。それもそのはず、すでに存在している。現代自動車は2016年に、ハイブリッド、プラグインハイブリッド、電動バージョンのハッチバックIoniqを発表した。同社はその車を、新たなEVブランドの出発点として活用するのだ。

Ioniqブランドの車はすべて現代自動車のE-GMPという電動モジュラープラットフォームを使う。

現代自動車は、新EVブランドでまず中型クロスオーバーのIoniq 5を2021年初めに立ち上げると述べた。Ioniq 5は現代自動車が2019年にフランクフルト国際モーターショーで発表したモノコック構造ボディのクロスオーバー、Concept 45をベースとしている。Concept 45のデザイナーは現代自動車の最初のコンセプトである1974 Pony Coupeを意識した。名称にある45というのは、車両のフロントと後部が45度の角度になっていることにちなんでいる。

Ioniq 5の後に続くIoniq 6は2022年に投入される予定で、3月に発表された現代自動車のProphecyコンセプトをベースとする。下の写真のProphecyは長いホイールベースに、ポルシェを思わせる短いオーバーハングを持つなめらかでエアロダイナミックなセダンだ。

そして大型のSUV、Ioniq 7を2024年初めにリリースする。

名称の数字は面白くないかもしれないが、知っていて損はない要素が含まれている。Ioniq車両の偶数はセダンに使われ、奇数はSUV用となる。

画像クレジット:Hyundai

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi