Virgin Galactic
民間宇宙飛行

求人広告でSpaceXのテキサス宇宙港の構想が判明

次の記事

アマゾンのTwitch PrimeがPrime Gamingとしてリニューアル

SpaceX(スペースX)は、人や物を輸送できる次世代宇宙船Starship(スターシップ)の建造と試験を現在行っているテキサス州ボカチカで、大きな計画を立てている。CNBCの宇宙担当記者Micheal Sheetz(マイケル・シーツ)氏が発見(Twitter投稿)した新しい求人広告(SpaceXウェブサイト)では、SpaceXの宇宙船建造と打ち上げ試験の場となっている小さなボカチカ地区にもっとも近い隣町ブラウンズビルでの「拠点開発責任者」を募集している。

この求人広告では、「SpaceX初の拠点開発を、チームの組織作りから完了まで監督する」マネージャーを求めている。ゆくゆくはボカチカを「21世紀の宇宙港」にする構想だ。この仕事には、設計から建設に至る全行程を監督することと、さらに必要なあらゆる作業許可と規制当局の認可を取得し、最終的に施設の建物を完成させる責任を負う。

SpaceXは、理想的な宇宙港がどのような姿になるかを表したコンセプトデザインを提示している。またCEOのElon Musk(イーロン・マスク)氏は、6月に、惑星間飛行と、地球上の2地点間飛行のための浮遊港にしたいという意図を示していた。それが発表された当時は、海上作業エンジニアを募集していた。それも場所はブラウンズビルだ。

この新しい求人広告からは、SpaceXが宇宙飛行体験の最初から最後までを自分たちで作り上げたいとの意欲が伺い知れる。ここは、Virgin Galactic(バージン・ギャラクティック)がニューメキシコ州に建設中のSpaceport America(スペースポート・アメリカ)とよく似ている。Virginは、民間宇宙観光旅行で提供する、宇宙船の客室空間と、打ち上げ場の地上設備の両面で、顧客エクスペリエンスに大きな重点を置いている。

SpaceXは、Crew Dragon(クルー・ドラゴン)を使用した有料の民間軌道飛行の計画も発表し、民間宇宙飛行士を打ち上げるための独自の宇宙船の準備を進めているが、NASAの宇宙飛行士、Bob Behnken(ボブ・ベンケン)氏とDoug Hurley(ダグ・ハーリー)氏を乗せた有人ミッションを無事成功させたことで、有人宇宙飛行の認可が以前よりもぐっと近づいた。あのデモミッションは、その認可プロセスの最終段階だった。現在SpaceXは、早くも来年の打ち上げウィンドウを目指した、民間宇宙飛行士の飛行計画を軌道に載せたところだ。

画像クレジット:SpaceX

[原文へ]
(翻訳:金井哲夫)