グーグルがAndroidスマホを地震計にする技術を発表、世界最大の地震検知ネットワークを作り出す

次の記事

デルの最新Chromebookは企業セキュリティと高スペックを融合

米国時間8月11日、Google(グーグル)はあまり共通点のないAndroidの新機能をいくつか発表した。Android Auto(未訳記事)とAndroidの緊急時の位置情報サービス(Googleブログ)がアップデートされ、Lookoutアプリ(Googleブログ)に新たなアクセシビリティ機能が追加され、睡眠アプリのAndroid Clock(Googleブログ)がバージョン6.0以降(以前はPixelスマートフォンのみの機能だった)搭載するすべてのAndroid端末に提供される。

しかし本日の発表のハイライトは、グーグルの新たな世界規模の地震検出システムだ。これは新しい地震アラート機能としてカリフォルニアでローンチされる。グーグルはAndroidスマートフォンを地震計に変えることで、同社によれば「世界最大の地震検知ネットワーク」を作り出すという。

グーグルによればスマートフォンの加速度計は、地震の後に到着する最初の波であるP波(UC Berkleyブログ)を測定するために十分に敏感があると主張している。スマートフォンが地震を検知したと判断すると、その情報を中央サーバーに送信し、これが本当に地震だったかどうかを判断する。今のところ、グーグルがこのデータを使うのは誰かが 「地震」 やそれに似たキーワードを検索したときに情報を表示するためだけだ。しかしいずれ、スマートフォンベースのシステムに基づいてアラートを送信できるようになることを期待している。

カリフォルニア州では一歩進んで、グーグルは米国地質調査所(USGS)およびカリフォルニア州緊急事態対策局(Cal OES)と協力し、ShakeAlertネットワークを使用する。同ネットワークは州内の700の地震計のデータを利用しており、地震に関する警報を提供している。「数秒前に警告があれば揺れが来る前にかがんで身を隠したり、何かに掴まる時間を与えることができる」とグーグルは主張している。

画像クレジット:TechCrunch

カテゴリー:ソフトウェア

タグ:Android Google Earthquake

原文へ
(翻訳:塚本直樹Twitter