scribd

ScribdがLinkedInからプレゼンテーション共有サービスSlideShareを買収

次の記事

TikTokが昨年末までAndroidユーザーのMACアドレスを追跡していた

SlideShare(スライドシェア)のオーナーが変わった。前オーナーのLinkedIn(リンクトイン)がこのプレゼンテーション共有サービスを非公開価格でScribd(スクリブド)に売却したのだ。

LinkedInによると、Scribdは9月24日にSlideShareビジネスの運営を引き継ぐ予定だ。

ScribdのCEOであるTrip Adler(トリップ・アドラー)氏は、2つの会社は非常に似たルーツを持っているという。2006年にSlideShare(未訳記事)を2007年にScribd(未訳記事)をTechCrunchで採り取り上げたことがあり、どちらもコンテンツとドキュメントの共有に重点を置いていた。

「2つのプロダクトは常に同じようなミッションを追っていました」とアドラー氏は語る。「両者の違いは、『SlideShare』はPowerPointプレゼンテーションとビジネスユーザーに重点を置いていた一方で、私たち『Scribd』はPDFとWordドキュメントと長文のコンテンツに注力し、一般消費者により重点を置いていたということでした」。

その後、両者の運命は分かれていく。2012年にSlideShareはLinkedInによって買収され2016年にはLinkedIn自身がMicrosoft(マイクロソフト)によって買収された(未訳記事)。

一方でScribdは、電子書籍とオーディオブック向けにNetflix(ネットフリックス)スタイルのサブスクリプションサービス(未訳記事)を開始した。しかしアドラー氏は「ユーザー生成の側面」と「プレミアムの側面」の両方が、ビジネスにおいて依然として重要であると語った。

「ドキュメントを探しにきてプレミアムコンテンツにサインアップする人たちを、私たちは獲得しています」と彼はいう。「しかし、そうした人たちも(無料の)ドキュメントは読み続けています」。

マイクロソフトとLinkedInが、SlideShareの買収についてScribdにアプローチしてきたとき、アドラー氏はそれをプロダクトのドキュメント側を劇的に拡大できる機会と捉えた。そのことでSlideShareに置かれた4000万個のプレゼンテーションコンテンツライブラリと、毎月1億人のユニークビジターが取り込めるのだ。

アドラー氏は今回の買収について、基本的にはSlideShareの「コンテンツとオーディエンス」を獲得するためだが、さらにScribdが組み込むことができる、サービスのテクノロジーの側面もあるかもしれないと述べている。Scribdはこの買収にともなう新規採用は行わない。その代わりに既存のチームが引き続きSlideShareの運用を担当する。

アドラー氏はSlideShareはScribdとは別のスタンドアロンサービスとして引き続き運営されると述べ、この先もLinkedInと十分に統合され続けることを期待していると付け加えた。

「最初の数カ月は何も変化しません」とアドラー氏はいう。「私たちは、テクノロジーの側面と、コンテンツをアップロードするユーザーの側面とで、このようなプロダクトに関して多くの経験を持っています。私たちは、SlideShareを本当に成功させることができる良い位置にいるのです」。

一方、LinkedInのエンジニアリング担当副社長であるChris Pruett(クリス・プルエット)氏の声明は、買収以来、SlideShareに対して同社が行ってきた作業を強調したものだった。

LinkedInが2012年5月にSlideShareを買収したのは、専門家同士がLinkedInを人脈を作る以上の目的に利用していることが明らかになってきたタイミングでした。過去8年間にわたってSlideShareチーム、プロダクトおよびコミュニティは、LinkedIn上のコンテンツエクスペリエンスの形成に貢献してきました。そしてLinkedIn上でドキュメントをアップロード、共有、およびディスカッションする機能を組み込みました。

関連記事:Scribd raises $58M for subscription e-books and audiobooks(未訳記事)

画像クレジット:Scribd

原文へ

(翻訳:sako)