Chromebook上でのAndroidアプリの開発を容易にするChromeOS.devが登場

次の記事

ショートムービーから著作権音源を自動検出する技術を擁する中国のACRCloud

Google(グーグル)は米国8月12日、同社のLinux(リナックス)ベースのオペレーティングシステム上でAndroid(アンドロイド)アプリの開発を始める開発者の支援を目標にしたChromeOS.devを立ち上げた。このアップデートに伴い、Chromebook(クロームブック)上でのAndroidアプリケーションの構築とテストがより簡単になる。

この新しいChromeOS.devサイトは、現在英語とスペイン語で提供されている。同社の広報担当者はTechCrunchに「このサイトの目的は、プラットフォーム上での開発者たちの能力を最大化することで、その手段として技術リソースやチュートリアル、プロダクトアナウンス、コードサンプルなどを提供します」と語った。本日の発表でグーグルが指摘したように、前四半期のChromebookの販売台数は対前年比で127%の増加だった。一方一般的なノートPCの売上は40%増程度だ。

Androidアプリの開発者が、必要に応じてChromebook上ですべての作業を行えるように同社はChrome OSに完全なAndroidエミュレーターを提供した。これによってChromebookでアプリを直接テストできるようになる。また、グーグルの開発チームは、Chrome OS(M81以降)へのアプリの導入をはるかに簡単なものにした。開発者は、開発者モードを使用したり、USB経由でデバイスを接続したりすることなく、アプリを直接展開してテストできるようになった。

画像クレジット:Google

これらのAndroidを中心としたアップデートに加えて、同社はターミナルに焦点を当てた、Linuxベータ版への小規模ながら歓迎すべきアップデートも発表した。これに伴い、Chrome OS上のLinuxは、タブ、ショートカット、テーマ、および再設計された端末設定を含む、改良されたターミナルを備えることとなった。

Android Studioもまた、Chromebook、タブレット端末、折り畳み式端末(MicrosoftのSurface Duoの発表とタイミングが合っている)といった大画面デバイス向けのアプリの構築をより適切にサポートできるように、新しいプライマリ/ディテールアクティビティテンプレートに、マイナーアップデートが施されている。
画像クレジット: Techcrunch

原文へ

(翻訳:sako)