Oura Ringは今の時代を生き抜くための指輪型健康トラッカー、睡眠分析機能はwatchOS 7を凌ぐ

次の記事

フードロス削減プラットフォーム「TABETE」運営のコークッキングが資金調達を実施

Oura Ringは、新型コロナウイルスのさまざまな研究に貢献しているだけでなく、新型コロナウイルスの蔓延を防ぐための潜在的なツールとしてNBAとWNBAに採用され、これら2つのリーグの試合を定期的なスケジュールに戻すために役立っているという点でも最近注目を集めている。Ouraはこれまで、Oura Ringを数世代をリリースしている。これは健康状態と運動量を計測するトラッカーで、私はこの1カ月間にわたってOura Ringを使ってきた。

Oura Ringとは何か?

Oura Ringは、似たような目的を持ったほかのウェアラブルとは似ても似つかないヘルストラッカーだと言える。このリングは、一般的な指輪、すなわちスマートな機能を持たない指輪とほとんど区別がつかない。また、いくつかの異なるデザインと複数の仕上げ加工の製品がラインアップされている。リングの内側にはセンサーが付いているが、全体的な厚みはほとんどなく装着すると完全に隠れる。

小型でスリムだがバッテリーを内蔵しており、Bluetooth経由でスマートフォンと通信して指輪内蔵センサーが収集したデータを送信する機能を備える。Oura Ring専用の充電ドックにはUSB-Cを備えたスタンドがあり、非接触で充電できる。

内蔵バッテリーは、睡眠中に装着したままでもフル充電状態で7日間の連続使用が可能だ。バッテリーの持ちは一般的に考えて十分に長い。充電時間も短くて済むので気が付いたときに充電ドックに入れるのを忘れないようすれば、バッテリー切れは防げるだろう。私の場合、デスクでの仕事中は充電ドックにOura Ringを入れていた。またOura Ringの専用アプリは、バッテリー残量が残り少なくなったときに、寝る前に充電を促す通知を送ってくれるので安心だ。

ボディーにはチタンを採用

最新のOura Ringは「Balance」と「Heritage」の2つのデザインを用意しており、どちらもメタリック仕上げだ。さらに、光沢のあるシルバーと光沢のあるブラックの2つのオプションがあり、「Balance」にはダイヤモンドがちりばめられたプレミアムバージョンもある。なお、私が試用したのはマットブラック仕上げのものだ。

本体の金属素材は軽量なチタンで、内部側はセンサーを保護するためにプラスチック素材が使われている。外側はキズがつきにくいコーティングが施されているものの、ほかの金属製ジュエリーと同様にキズがつかないというわけではない。私が試用したマットブラック仕上げのOura Ringは何週間か使用したあとに確かに多少の摩耗などが見られたが想定内の範囲で、驚くほどの弾力性がある。個人的な意見だが、外見上の小さなキズはデザインを損なわず、逆にいい味わいを醸し出してくれる。

Oura Ringはサイズやフィット感が非常に重要で、ユーザーの指にフィットするよう工夫されている。無料のサイズ計測キットを提供しており、まずはどのサイズが最適かをユーザーが判断し、どの指を装着するかを決めればいい。Oura Ringはモニタリングのために指にぴったりとフィットさせる必要がある。

実際のところOura Ringのデザインは魅力的で、1日中、そしてひと晩中着けていられる信じられないほど快適なデバイスだ。Apple Watchやそのほかの手首装着型のウェアラブル端末とは異なり、睡眠中の装着やさまざまなタイプのバンドの不快感に慣れる必要もない。私は装着していたことを忘れてしまったほどだし、一般的な指輪のようなので他人からもOura Ringを付けていることを気付かれることはないだろう。

watchOS 7を超える睡眠監視機能

Oura Ringは何を追跡しているのだろうか?具体的には、睡眠のほか待ち受け状態と活動状態に分けてさまざまな数値を測定している。「Sleep」「Readiness」「Activity」はいずれも、総合的なサマリースコアを100点満点で示し、ユーザーは現在の状態を把握できる。なお実際には内蔵センサーが取得したさまざまスコアを掛け合わせて算出している。

Oura Ringの睡眠トラッキング機能は、アップルが今秋にリリースするwatchOS 7に備わるApple Watchの睡眠トラッキングよりもはるかに詳細だ。眠りについた時間、どのくらいの時間寝ているか、どれくらいが眠りが深いか、レム睡眠かどうかなどをモニタリングしてくれる。取得したデータから、睡眠効率、ベッドで過ごした時間、合計睡眠時間なども算出可能だ。特になにも行動していない、いわゆる待ち受け状態のときは、体温、心拍変動、呼吸数、安静時の心拍数などをトラッキングする。運動しているときは、自動的にカロリー消費量、非アクティブな時間、歩数、全体的なアクティビティの目標にどれだけ近づいているかを測定する。

これら3カテゴリーすべてについて、個々の活動量を分析して時間の経過や1日あたりのスコアの推移、そして全体的なスコアを見ることができる。アプリ内ではフィードのようなダッシュボードが表示され、そのスコアとトレンドに基づいて、1日の行動や睡眠習慣をどうすべきかについての実用的なアドバイスを受けられる。

これは、私が使った中で最も理解しやすい健康トラッカーであると同時に、何が実際に追跡されているのか、そしてそれが何を意味するのかを深く掘り下げてくれるアプリでもある。このアプリは、ユーザー各自の基準値を定め、その基準値からの逸脱を常に監視し、それに基づいてアドバイスを提供してくれるので、具体性と有用性が高い使用感を得られるはずだ

個人の健康状態を長期的に見守ってくれる

Apple Watchをはじめとするほとんどのウェアラブル端末は「邪魔くさい」「使い続けるのが面倒くさい」という人も多い。Oura Ringは指輪形状なので邪魔にならないデザインであり、利便性と実用性を兼ね備えた健康モニタリング機器としはトップクラスの製品だろう。

Oura Ringが実際に新型コロナウイルスへの感染を正確に検出できるのか、あるいは症状の発現を予測できるのかどうかについてはまだ結論は出ていない。しかし、このデバイスは個人の健康状態を常時モニタリングでき、日々の体調を管理するには素晴らしいプロダクトだ。個々の基準値を定め、実際の全体的な状態を基準値と毎日比較することによって、個人の長期的な健康状態を見守ってくれるのだ。

【Japan編集部追記】価格は、Balance、Heritageの両モデルとも、シルバーもしくはブラックの光沢仕上げが299ドル(約3万1900円)、マット仕上げ(STEALTH)が399ドル(約4万2600円)だ。日本からの購入も可能で、まずは無料のサイズ計測キットが送られてくる。送料は首都圏の場合プラス15ドル(約1600円)程度。

画像クレジット:Darrell Etherington

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)