セキュリティ
Twitter / ツイッター(企業)

Twitterが選挙の誤情報に対抗するための取り組みを強化

次の記事

抜け毛や偏頭痛、消化不良の治療薬を患者に直接提供するThirty Madisonが約50億円調達

11月に行われる2020年の米大統領選挙に向けて米国の各種プラットフォームが準備を進めている最新の兆候として、Twitter(ツイッター)は有権者をターゲットにした選挙に関する虚偽の情報の拡散を防ぐための取り組みを強化すると発表した。

Facebook(フェイスブック)は米国時間8月13日、本物の選挙情報を集めてプラットフォーム上で選挙の誤情報と戦うことを目的とした投票ハブの立ち上げを発表した。

Twitterはより大胆なメッセージを発している。同社の目的は正確な情報を明らかにすることで「すべての有資格者に登録と投票の権限を与える」ことだと説明している。その目的は、真の情報がより目立つようになれば、選挙に関する誤った情報がプラットフォーム上に広まることで、投票者が騙されるリスクを減らすことにある。

ロイターが以前に報じたTwitterの声明では、同社で米国の公共政策と慈善事業のVPを務めるJessica Herrera-Flanigan(ジェシカ-ヘレラ-フラニガン)氏は「Twitterは世界中の民主的プロセスへの情報に基づく参加を増やすために懸命に努力しています。2020年の米国大統領選挙に先立ち、我々は郵便投票や期日前投票を含む、すべての選択肢に関する正確な情報を伝え、パートナーシップ、ツール、新しい政策を通じて、すべての有権者に登録と投票の権限を与えることに重点を置いています」とコメントしている。

Twitterによると、このミッションを反映した新しいツール、ポリシー、投票リソースを来月中に公開する予定だが、具体的に何が準備されているのかはまだ明らかにされていない。近年、Twitterは投票の誤報に対抗するための取り組みを強化している。昨年は、ユーザーが誤解を招くような選挙ツイートを報告できるボタンを追加(未訳記事)した。また、ラベルを貼ったり、トランプ大統領の選挙に関する誤ったツイートに対して注意喚起するなどの対策も講じている。

このようなツールや対応は今後も予定されているTwitterは、新型コロナウイルスの感染蔓延の結果として、選挙やその他の市民イベントに関連する新たな課題に対処するため、市民の清廉性に関するポリシー(Twitterサイト)を拡大する方法を模索していると述べた。

新型コロナウイルスの感染蔓延は、直接投票に潜在的な公衆衛生上のリスクを発生させた。民主的プロセスの作業に厄介な問題を投げ掛け、郵便による投票や、有権者の選挙権剥奪を回避するための時差投票などの代替案を生み出している。

Twitterは、市民の清廉性に関するポリシーを拡大するために、郵送による投票や有権者登録を含むそのほかの投票手続きの間違いに関連して発生する新たな問題に焦点を当てるようだ。現在の政策は、政治的選挙、検閲、主要な住民投票と投票の取り組みを対象としており、以下のように述べている。

Twitterのサービスは、選挙やそのほかの市民活動を操作、または妨害する目的で使用することはできません。これには、いつ、どこで、どのように市民プロセスに参加するかについて、参加を抑制したり、誤解させる可能性のあるコンテンツの投稿や共有が含まれます。

しかし、このポリシーは、投票への参加についての誤解を招くような情報に限定している。Twitterのガイダンスによると、候補者や政党に関する不正確な情報を投稿すること、超党派的なコンテンツや選挙が「不正に行われている」という広範な主張をすることなどは、現在のところ市民の清廉性に関するポリシー違反には当たらない。

本日Twitterが「有権者に力を与える」という大胆なメッセージを発したにもかかわらず、Twitterがその政策を拡大しようとしている兆候は見られない。例えば、トランプ大統領は自身が得意とする「言論の自由」という大義名分のもと、根拠のない主張で確立された民主的なプロセスを踏みつぶしている。

一方で、選挙への関与が懸念されるところでは、Twitterは「悪口と戦うためのより多くのスピーチ」モデルに焦点を当てているようだ。そのため同社は、今後も有権者登録のためのリソースを広く認知させていくとともに、有権者が安全に投票できるように、郵便や代替の早期投票オプションを含めた、一連の正規のリソースを構築することを目的としたパートナーシップを拡大すると述べている。

この分野における現在のパートナーには、Vote Early DayNational Voter Registration DayCivic Allianceなどが名を連ねる。

また、地方の選挙管理委員会を支援するNASSNASEDなどの組織とも協力している。これらの組織は、有権者が民主的なプロセスに参加するために必要な情報を確実に入手できるようにするために活動している、無党派のシビックテック(市民自身がテクノロジーを活用して行政サービスの問題や社会課題を解決する取り組み)や市民権団体とともに「#TrustedInfo」運動を推進している。

ここで大きな問題となっているのは、もちろん有権者の抑圧であり、Twitterのプラットフォームが特定の層の投票意欲を削ぐようなネガティブなメッセージの拡散に利用されるリスクだ。

トランプ大統領の「不正選挙」という根拠のない主張は、自身の選挙基盤を強化する一方で、民主的なプロセスへの信頼を損ねることで人々に自宅待機を促す効果を狙っている。対してTwitterは、投稿ボタンを押すだけで何百万人ものユーザーにそれらの情報を拡散するサービスをいまも提供し続けている。

画像クレジット:TechCrunch

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)