抜け毛や偏頭痛、消化不良の治療薬を患者に直接提供するThirty Madisonが約50億円調達

次の記事

AMD Ryzenモバイル搭載を期待したくなる?さらに完成度を高めたデルの13.4型モバイル「New XPS 13(9300)」

ニューヨークを拠点とするThirty Madisonが、新たに4700万ドル(約50億円)の資金調達を行った。同社は、抜け毛や偏頭痛、慢性的な消化不良の人に、治療薬を直接提供している。

先のTeladocとLivongoの約190億ドル(約2兆250億円)の合併後、ヘルスケア産業ではリモート療法とバーチャルケアの企業が大流行しており、Thirty Madisonの事業もその例外ではない。

これらの企業がヘルスケアビジネスの未来にとってどれだけ重要なのか、それは先日のThirty Madisonのへの投資にJohnson & Johnson Innovationが加わっていたことからもわかる。

このラウンドをリードしたのはPolaris Partnersだが、既存投資家であるMaveronNorthzoneも参加した。Thirty Madisonの総調達額はこれで7000万ドル(約75億円)になる。

ちょうど3年前にSteven Gutentag(スティーブン・グテンタグ)氏とDemetri Karagas(デメトリ・カラガス)氏が創業したThirty Madisonは、2018年まではKeepsというブランドで抜け毛の治療を提供していたが、2019年前半には偏頭痛治療のCove、後半には胃食道逆流症治療のEvensをローンチした。

Thirty Madisonは最近、患者が払いたいだけ払うというモデルで緊急治療相談を始めている(Thirty Madisonサイト)。

同社の創業者は、資金状態のいい競合他社であるHimsやRoと比較して、一度診療が終わっても継続的にケアを提供することと、症状に応じて多様な治療オプションから選べることを、Thirty Madisonの差別化要因として挙げている。また、さまざまな症状の特性に合わせて的を絞った治療法を提供できることが他社と違うところだという。

Polaris PartnersのパートナーでこのたびThirty Madisonの取締役会に加わったAmy Schulman(エイミー・シュルマン)氏は、「米国人の59%以上が1つ以上の慢性症状を抱えているが、彼らの医療の点と点を結びつけるリソースはほとんど存在しない」という。

カテゴリー:ヘルステック

タグ:資金調達 Thirty Madison

画像クレジット:OstapenkoOlena / Getty Images

原文へ

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa