企業・自治体がエリア限定で「ローカル5G」ネットを構築できるルーターをシャープが開発、9月以降に提供予定

次の記事

Airtable CEOのHowie Liu氏がDisrupt 2020に登壇

シャープは8月17日、ローカル5G対応ルーターの試作機を開発したと発表した。ローカル5Gの実証実験やネットワーク検証用として、本年9月以降に提供開始予定。

ローカル5Gは、企業や自治体が、敷地内・工場内・農場など、特定のエリア限定で構築できる5Gネットワーク。高速大容量・低遅延・多数同時接続など5Gの特徴を生かしながら、個別ニーズに応じた独自のネットワークを構築できるという。建設現場での建機遠隔制御や医療施設での遠隔診療、生産効率を高めるスマート工場など、さまざまな用途での活用が期待されているとしている。

同試作機を介してカメラやFA機器、各種センサーなどを無線または有線でローカル5Gのネットワークに接続することで、大容量データを超高速で伝送可能となる。受信時最大約3Gbps/送信時最大約600Mbps(理論値)の超高速データ通信を実現。Wi-Fi6対応、2.5GBASE-T対応LAN端子、USB 3.0(Type-C)端子を搭載するなど、無線・有線の接続機能を採用。利用シーンや端末に応じた接続方法を選択可能なほか、無線と有線の同時使用も行える。

また同機は、ローカル5Gの周波数として2019年12月に制度化された「28.2-28.3GHz」に加え、今後の割り当てが検討されている「28.3-29.1GHz」「4.6-4.9GHz」にも対応。周波数の拡大も見据え、幅広いネットワークの検証に活用できるという。

  • サイズ/質量: 約157×84×16mm/約270g
  • 通信速度: 受信時最大約3Gbps/送信時最大約600Mbps(理論値)
  • 対応周波数: 28.2-28.3GHz/28.3-29.1GHz/4.6-4.9GHz
  • ディスプレイ: 約2.4インチQVGA (320×240画素)TFT液晶ディスプレイ
  • Wi–Fi: Wi-Fi6対応(11a/b/g/n/ac/ax。2.4/5GHz)。同時接続可能台数:16台
  • 有線LAN: 2.5GBASE-T × 1(内蔵)
  • USB: USB 3.0(Type-C)
  • バッテリー容量: 約4000mAh

関連記事:トランプ政権が5Gに向けミッドバンドスペクトルのオークションを発表

カテゴリー:ハードウェア

タグ:シャープ 5G