SuseがEiriniXをCloud Foundry財団に寄贈、Kubernetes周りを多機能化

次の記事

2020年版「Microsoft Flight Simulator」の陰の立役者はオーストリア拠点のスタートアップBlackshark.ai

米国時間8月17日、SuseEirini(未訳記事)のエクステンションを作るためのフレームワークであるEiriniXを、platform-as-a-service(PaaS)のプロジェクトであるCloud Foundry財団に寄贈した。Eiriniは、Kubernetesベースのコンテナオーケストレーションのサポートを導入するための技術だ。

約1年前にSuseは、この財団にKubeCFプロジェクトを贈呈している(Cloud Foundryリリース)。これによって、Cloud FoundryのコアであるCloud Foundry Application RuntimeをKubernetesの上で動かせるようになる。

画像クレジット:Suse

Suseのエンジニアリングとイノベーション担当プレジデントであるThomas Di Giacomo(トーマス・ディ・ジャコモ)氏は次のように語っている。「Suseでは、最初にできるだけ多くのアップストリームを開発している。そのため2020年初めに財団にKubeCFを寄贈してその価値を体験したため、Cloud FoundryのコミュニティとEiriniXのチームの両方が同じやり方でうまくいくだろう、と考えた。それが財団のプロジェクトになってからは、KubeCFの利用とそれへの貢献が増えており、デベロッパーの時間をアップストリームに投資する企業が増えていることを示している。EiriniXを財団に貢献することは、そのコミュニティを大きくするための確実な方法だ」。

SuseがEiriniXをデモしたのは1年前だ。このツールは、コンテナの中へSSHしてデバッグする機能を実装しており、KubeCFのログ取り用にも使うこともできる。

「このプロジェクトを財団に寄付することには大きな価値がある。Eiriniのエクステンションを作るための同様のソリューションを探していた他のプロジェクトチームが、車輪を再発明せずに済むからだ。EiriniXが財団にあれば、開発者はEifiniのアドオンのライブラリをフルに利用できるし、Cloud Foundryのコア機能を変えられる。このプロジェクトのすべてのユースケースが発明されるのは、まだまだこれからだと考えると、嬉しくなってくる」とCloud Foundry財団のエグゼクティブディレクターであるChip Childers(チップ・チルドラー)氏はいう。

カテゴリー:ソフトウェア

タグ:Suse Cloud Foundry

原文へ
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa