SpaceXがStarlink衛星打ち上げでFalcon 9ロケットの再利用記録更新に挑戦

次の記事

米国大手VCのLightspeedのインド拠点が約290億円規模のファンド組成、インド向けとしては最大規模

SpaceX(スペースX)は、米国時間8月18日火曜日の米国東部夏時間午前10時31分(日本時間8月18日午後11時31分)に最新のStarlink衛星を打ち上げる予定だ。これはStarlinkにとって11回目のミッションで、同社のブロードバンドインターネット衛星58機と、SpaceXの顧客であるPlanet(プラネット)のSkySats衛星3機が含まれる。

Starlinkのミッションはインターネットサービスがほとんどない、または劣悪な地域の顧客に、低遅延で高速なインターネット接続を提供するというもので、スペースXが取り組んできた計画の中でも重要なものだ。さらに今回のミッションは、スペースXのロケット再利用プログラムを推し進めるという点でも意義がある。

現在のミッションで飛行するFalcon 9の第1段ブースターは2018年に1回、2019年に2回、そして2020年にすでに2回と計5回飛行している。そして今回は、同ブースターにとって6回目の打ち上げとなる。これはSpaceXにとって、そして再利用可能なロケットにとっての新記録となる。また、大西洋に浮かぶ「Of Course I Still Love You」と名付けられたドローン着陸船を使って、ロケットステージを再び着陸させようとしている。

このFalcon 9ブースターが以前に飛行したミッションのうち、3回はStarlinkのものであり、これはスペースXが独自ミッションを行う際に再利用かどうかがいかに重要であるかを示している。衛星画像解析サービスなどを行うPlanetとのペイロードの共有は運用コストをある程度相殺されると考えられるが、Starlinkが実際に顧客に向けた有料サービスを開始し、収益を上げ始めるまで、現時点では大部分がSpaceXが負わなければならないコストとなる。

今回のミッションでは、以前のミッション(4回目のStarlinkの打ち上げ)で使用されたFalcon 9のフェアリング(ロケットの上部にあるペイロードを保護するノーズコーン)の再利用も含まれる。フェアリングの再利用はSpaceXがミッションのコストを軽減するためのもう1つの方法であり、これまでもその回収プロセスを進めてきた。なお、フェアリングのコストは約600万ドル(約6億3000万円)である。

打ち上げのライブ配信は、実際の打ち上げウィンドウの約15分前となる米国東部夏時間午前10時16分(日本時間午後11時16分)に開始される。

関連記事
SpaceXは今週の打ち上げで「ロケット再利用6回」の記録更新を狙う
SpaceXの衛星インターネットサービス「Starlink」のベータテストに関する詳細
SpaceXが初めて2つのフェアリングの回収に成功、再利用で1回の打ち上げにつき約6.4億円節約に

カテゴリー:宇宙

タグ:SpaceX Starlink Falcon 9

原文へ
(翻訳:塚本直樹 Twitter