AI英会話アプリとオンライン英語コーチング運営のスピークバディが総額3億円を調達

次の記事

音声配信アプリ「stand.fm」が5億円を調達、配信者の収益化支援プログラムを開始

AI英会話アプリ「スピークバディ」(iOS版Android版)の開発・運営、オンライン英語コーチング「スパルタバディ」運営のスピークバディ(旧社名: appArray)は8月20日、シリーズBラウンドの第三者割当増資として、総額3億円の資金調達を実施したと発表した。引受先はグローバル・ブレイン、31VENTURES Global Innovation Fund。

2013年5月設立のスピークバディは、「マルチリンガルになれる時代を創る」をミッションに掲げ、最新のAI技術を活かした言語学習サービスを開発・提供。調達した資金は、スピークバディの機能・コンテンツの拡充およい新規ユーザー獲得、スパルタバディのコーチ増員・カリキュラム改善に利用する。

スピークバディは、音声認識、会話AI、デジタル音声等の技術を活用した英会話レッスンを行えるAI英会話アプリ。2020年8月現在、累計90万ダウンロードを突破。従来の人との対話ではなく、感情豊かなAIキャラクターと対話をしながら発音やフレーズ、単語、イディオムなどを学べるという。「第二言語習得理論」に基づいた学習モードで英会話の習得をサポートするほか、機械学習や自然言語処理、ディープラーニングによって、発音を採点する。

AI英会話アプリとオンライン英語コーチング運営のスピークバディが総額3億円を調達

スパルタバディは、TOEIC900点以上の厳選された専属英語のコーチのもと、12週間、1日1時間のトレーニングメソッドで英語学習をサポートするオンライン英語コーチングサービス。コーチがユーザーのレベルにあわせてカリキュラムを作成。完全オンライン化により、忙しい方でも隙間時間を活かしながらの学習が可能。

関連記事:VR理科実験用ソフトでアジアに進出するLabster

カテゴリー:EdTech 人工知能・AI

タグ:スピークバディ 日本