「空飛ぶクルマ」eVTOL開発の東大発スタートアップ「テトラ」が米コンペ受賞機「Mk-3」飛行動画を初公開

次の記事

スコットランドの宇宙港を規制当局と政府が完全承認、年間12回の打ち上げが可能に

空飛ぶクルマとも称される、1人乗りeVTOL(垂直離着陸型航空機)開発のテトラ・アビエーションは8月20日、ボーイング後援の個⼈⽤航空機開発コンペ「GoFly」において受賞した機体「Mk-3」の飛行動画をYouTube上で初めて公開。またJAXA(宇宙航空研究開発機構)との共同研究開始を明らかにした。

Mk-3は、2020年2月に米国で開催されたGoFlyでプラット・アンド・ホイットニー・ディスラプター賞を受賞した機体。同賞は大手航空機用エンジンメーカーのプラット・アンド・ホイットニーが選定する、最も⾰新的な機体を開発したディスラプター(破壊的イノベーター)に与えられるもので、賞金10万ドル(約1060万円)を獲得した。

今回公開した動画は、福島ロボットテストフィールドでの飛行動画。Mk-3開発に至るまでのホームセンターで購入した部材のみで作った試作機からハーフサイズ、フルスケールと順に開発していった2年間の経緯も紹介されている。

「空飛ぶクルマ」開発の東大発スタートアップ「テトラ」が米コンペ受賞機「Mk-3」飛行動画を初公開

「空飛ぶクルマ」開発の東大発スタートアップ「テトラ」が米コンペ受賞機「Mk-3」飛行動画を初公開

また、都会の空も飛行する社会受容性の高い航空機とするため、静音性の観点からダクテットファンについてJAXAとの共同研究を行う合意に至ったという。多様な生活様式に寄り添うモビリティを目指して開発を進めていくとしている。

テトラ・アビエーションは、東京⼤学大学院工学系研究科機械工学専攻博士課程に在籍する中井 佑(なかい たすく)氏が東大の支援を得て起業したスタートアップ企業。

関連記事
空飛ぶタクシー事業目指すJoby Aviationはトヨタ主導で650億円を調達
ドローン関連スタートアップ支援の「Drone Fund 2号」が52億円調達

カテゴリー:モビリティ

タグ:東京大学 テトラ・アビエーション