Rettyが飲食店向けモバイル注文システム「Retty Order」を今秋提供、飲食店経営のDX実現第1弾

次の記事

テクノロジー企業と法執行機関との協力の停止を訴える「テクノロジーは中立ではない」キャンペーン

実名口コミグルメサービス「Retty」(iOS版Android版)運営のRettyは8月21日、飲食店経営のDX実現を目指し、飲食店向けモバイルーオーダーシステム「Retty Order」を2020年秋めどに提供開始すると発表した。また、同サービスに賛同し、開発フィードバックに協力可能なパートナー飲食店店舗を募集。協力期間中の無料サービス提供などの特典を用意している。

Retty Orderは、スマホによるモバイルオーダーですべての注文を完結させることで、店舗のオペレーションを効率化。丁寧な接客コミュニケーションが可能になり顧客体験を向上させるなど、飲食店経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するサービスという。テイクアウト機能については、すでに一部店舗にて導入を開始済み。

Rettyが飲食店向けモバイル注文システム「Retty Order」を今秋提供、飲食店経営のDX実現第1弾

Retty Orderが目指す飲食店経営のDXとしては、データを活用した新しい顧客体験、ペーパーレスで効率的な業務フロー、キャッシュレスによるスマート決済を掲げている。

また同サービスに賛同し、開発フィードバックに協力可能なパートナー飲食店店舗の募集を開始。協力期間中の無料サービス提供などの特典を用意している。問い合わせは、Retty Orderサイトより行える。

2011年6月サービス開始のRettyは、グルメに強いこだわりを持つ方々を中心に、「オススメ」したいお店の情報を実名ベースで投稿する形で運営。「自分にベストなお店が見つかる」グルメサービスとして、20〜40代の男女を中心に、幅広い年代が利用しているという。2018年11月には、月間利用者数が4000万人を突破した。

関連記事
グルメサービスのRettyがPayPayとの相互連携を発表、5月末までは決済金額20%還元に
実名グルメサービス「Retty」が月間ユーザー数4000万人を突破
実名グルメサービスRettyにYJキャピタルが資本参加、ヤフーと戦略的提携へ