マキアージュ
資生堂

資生堂がMS TeamsやZOOMで最新メイクを楽しめるARフィルター提供、カメラアプリ「Snap Camera」経由

次の記事

米ベストセラー作家が5Gと新型コロナの陰謀論がはびこる理由を解き明かす

資生堂は8月21日、SnapchatのPC用カメラアプリ「Snap Camera」(スナップカメラ)を介して、PC用オンライン会議ツール上でメイクアップブランド「マキアージュ」の最新メイクを楽しめるARフィルターの提供を開始した。Microsoft Teams、ZOOM、Skype、Google Hangoutsで利用できる。

ARフィルターには、8月21日限定発売の「マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ」を含む4パターンがあり、最新メイクの塗布感や色・質感をディスプレイ上の自分の顔で楽しめる。

働き方の多様化が進む中、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方「テレワーク」や、プライベートでの「リモート飲み」など、オンライン上でのコミュニケーションが定着化していることを背景に、他ブランドでのARフィルターの展開も視野に入れ、顧客接点の拡大を目指すとしている。

また資生堂の美容総合サイトワタシプラス内「TeleBeauty」特設サイトでは、4つのメイクパターンの詳細を紹介。気に入った商品は、資生堂のECサイトでも購入できる。

資生堂がMS TeamsやZOOMで最新メイクを楽しめるARフィルター提供、カメラアプリ「Snap Camera」経由

資生堂は2016年、ディスプレイ上でメイクを楽しめる「TeleBeauty」(テレビューティー)という考え方をコンテンツ化し、自動メイクアプリ「TeleBeauty」を試験運用(現在は運用終了)。今回は、コロナ禍によるオンライン上のフェイス トゥ フェイス コミュニケーションの機会拡大と、通信環境の改善やオープンリソースが活用できる環境を踏まえ、博報堂ケトル協力のもと、2020年版「TeleBeauty」として開発した。Snap CameraのAR技術を利用し、ディスプレイ上でメイクアイテムの塗布感や色・質感を再現する同社ノウハウを活かしたフィルターという。

マキアージュメイク ARフィルターを利用するには、まずWindows 10またはmacOS用アプリ「Snap Camera」をSnapchatサイトからダウンロードした上で、インストールおよび起動する。その後Skype、Google Hangouts、Teams、ZOOMなどのオンライン会議ツールも起動し、ウェブカメラデバイスとして「Snap Camera」を設定すると、マキアージュメイク ARフィルターの効果を得られる。

同フィルターは、Snap Camera内に開設されている「TeleBeauty」アカウント内で提供されており、マキアージュの4つのメイクパターンをディスプレイ上の自分の顔で楽しめる。TeleBeauty特設サイトでは、各フィルターを見つけるためのURLリンクが用意されている。Snap Camera上で「TeleBeauty」を検索することでも発見できる。

資生堂がMS TeamsやZOOMで最新メイクを楽しめるARフィルター提供、カメラアプリ「Snap Camera」経由

関連記事
Snapchatが動画に音楽を付けられる新機能を今秋展開、TikTokユーザー取り込み狙う
高級ヘアサロン向けサイネージでインスタのSpark ARを活用した新サービスが登場
インスタのARフィルターがますますダイナミックに、音楽に視覚的に応答するなどユニーク
資生堂オープンイノベーションプログラム「fibona」の採択企業3社が決定、Makuakeとの連携も