DoorDashが大手スーパーと連携しオンデマンドの食料品宅配サービスを拡大、米6州の7500万人をカバー

次の記事

患者エンゲージメントのスタートアップ「Klara」がグーグルのファンドなどから約15.9億円を調達

DoorDash(ドア・ダッシュ)は、米国でスーパーマーケットチェーンを展開するSmart & Final(スマート&ファイル)やMeijer(マイヤー)、Fresh Thyme(フレッシュ・タイム)を含むパートナー企業から、DoorDashアプリを通じて食料品を注文できるようになったことを発表した。Hy-Vee(ハイヴィー)やGristedes(グリステデス)やD’Agnostino(ダゴスティーノ)などの店舗についても今後数週間で追加される予定だ。

今回の提携によりDoorDashは、カリフォルニア州のサンフランシスコ・ベイエリア、ロサンゼルス、オレンジ郡、サクラメント、サンディエゴ、そしてイリノイ州シカゴ、オハイオ州シンシナティ、ウィスコンシン州ミルウォーキー、ミシガン州デトロイト、インディアナ州インディアナポリスなどの市場で7500万人の人口をカバーできるとしている。

DoorDashは今年初め、数多くのコンビニエンスストアからの配送を開始した。同社の新しい専門分野の責任者であるFuad Hannon(フアド・ハノン)氏は「すでに多くの食料品店がDoorDash Driveプログラムに参加しており、DoorDashがラストマイル配送を行うホワイトラベル・サービス(他社が自分向けに利用するサービス)だ」とコメントしている。

そのため、DoorDashアプリ自体に食料品の配送機能を導入することは、これらの取り組みの「自然な延長線上にある」とハノン氏は述べている。また、ほかの多くの食料品サービスとは対照的に、DoorDashは注文から1時間以内に配達することを約束している。「スケジュールや配達枠、1日の待ち時間もありません」とハノン氏。

同氏によると、これを実現するためにDoorDashは食料品店と「深いパートナーシップと商業的関係」を築き、在庫管理などを調整しているとのこと。「人材派遣会社から派遣された商品ピッカーが各店舗での買い物を処理し、食料品はDoorDashのDashers(配達員)によって配達される。

画像クレジット:DoorDash

ハノン氏によると、これらの配達はレストランの配達と「同じDashersのプール」で処理されるという。「個々のDashersは、いつ、どのような時に食料品の配達を引き受けるかを自分で決めることになるが、これは彼らに新たな機会を提供するものであり、特にレストランの配達にあまり需要がない時間帯には、その機会を提供するものだ」とハノンは説明する。

「ドライブ・プログラムに参加している食料品店は、自社のウェブサイトやアプリを介して顧客を取り込みたいと考えている場合、DoorDashのサービスと競合するのではという質問に対して同氏は、「DoorDashアプリの顧客は『大きく異なるユーザー』であり、同社は顧客が食料品店のウェブサイトやアプリを介して購入するのか、DoorDashを介して購入するのかについて、正直なところどちらともいえない」とコメントした。

「スマート&ファイナルのデジタルコマース担当ディレクターであるNavin Cotton氏は声明の中で、「DoorDashは、スマート&ファイナルが提供する価値、品揃え、品質を顧客に提供するもう一つの便利な方法を提供します。”DoorDashのオンデマンド食料品サービスは、当社のオンライン・ショッピングの選択肢に加え、1時間以内に配達されるため、スマート&ファイナルのお客様にも喜んでいただけると確信しています」と述べています。

倉庫スタイルの食品チェーンであるSmart & Finalのデジタル商取引担当ディレクターを務めるNavin Cotton(ナビン・コットン)氏は声明の中で「DoorDashは、Smart & Finalが提供する価値、選択、品質を顧客が手に入れるためのもう1つの便利な方法を提供する」と述べた。「DoorDashのオンデマンド食料品サービスは、オンラインショッピングの選択肢に追加された素晴らしいサービスで、1時間以内に配達されるので、Smart & Finalの顧客は喜んでくれるだろう」と続ける。

「食料品の価格は販売店によって設定されますが、DoorDash利用時の価格も店頭と同じであるべきです。おそらく1つ買えば1つ無料で手に入るといった特典やそのほか店内特典は適用外になると思いますが」とハノン氏。なおドライブ・プログラム参加店舗から配送についても、無料配送と割引サービス料金を提供する同社のDashPassサブスクリプションが使える。

DoorDashはまた、Wegmans、Hy-Vee、Gelson’s、Kowalski’s、Big Y World Class Markets、Food City、Village Supermarkets、Save Mart、Lucky、Lucky California、Coborn’sなどの多数の食料品店からの惣菜の配達サービスも提供している。

関連記事:オンデマンド配達のDoorDashが2000品目を扱うデジタルコンビニを米国8都市で立ち上げ

カテゴリー:ネットサービス

タグ:DoorDash

画像クレジット:DoorDash / file photo

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)