ベンテイガ(製品・サービス)
Bentley Motors / ベントレー(企業)

ベントレーのSUV「Bentley Bentayga」ファーストインプレッション、乗り心地は素晴らしい

次の記事

2025年に15兆円超の農産物販売を目標を掲げる中国eコーマスのPinduoduo

私は新しいBentley Bentayga(ベントレー・ベンテイガ)を24時間借りた。以下は、17万7000ドル(約1880万円、日本国内ではBentayga V8モデルが税別1892万4545円から)のSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)の簡単な試乗体験だ。限られた時間だったのでSUVの奥深くに飛び込むことができなかったので、完全なレビューというわけでない。

とにかく常にベンテイガには驚かされる。私は、ベンテイガの乗り心地、性能、クセに、良くも悪くも驚き続けた。

  1. bentley-Bentayga

  2. bentley-Bentayga-3

  3. bentley-Bentayga-1

  4. bentley-Bentayga-2

  5. bentley-Bentayga-5

ベントレーのクーペやセダンとはひと味違う走り

新しいベンテイガは、最近乗った3台目のベントレーだが、他のベントレーとは異なる。乗り心地はしなやかで、ほとんど欠点がない。どんな断層や段差の上でも浮いているように、道の上をバンバンと弾むように流れていく。これはベントレーのセダンであるNew Flying Spur(ニュー・フライング・スパー)や、クーペのContinental GT(コンチネンタルGT)で経験したものとも異なる。

ベンテイガのバネのような乗り心地は非常に弾力性があり、最初の街乗りでは吐き気がするほどだったが、数十マイル走ると乗り心地に慣れてきた。

何時間も車内で過ごした今、その乗り心地のよさには驚かされる。急カーブを曲がると、重いSUVは驚くほどフラットなままだ。コーナーでは期待を裏切るような俊敏な走りを見せてくれる。ツインスクロールV8エンジンとサスペンションは瞬時に立ち上がり、SUVが後足で立ち上がるのを防いでくれる。

乗り心地のよさを追求するために、ベンテイガにはもっと時間をかけて乗りたい。好きか嫌いかはまだわからない。直線道路では想像以上に柔らかい走りを見せてくれる。一方、曲がりくねった道になると乗り心地は驚くほどよくなる。

インフォテインメントシステムは反応速度が気になる

ベントレーの次世代インフォテイメントシステムを搭載した新型ベンテイガ。デザイン的には往年のバージョンと似ているが、操作が少し緩慢に感じた。ボタンをクリックして少し待ってやっと反応する。この点は決して低価格車ではないベンテイガで考えるとちょっと残念に感じた。

ベントレーはフォルクスワーゲン社の一部であり、Audi(アウディ)車と多くのコンポーネントやシステムを共有している。新型ベンテイガに搭載されているシステムは、アウディの最新のインフォテインメントシステムとデザイン言語が似ているが、アウディの実装でこのような遅延を経験したことはない。

反応の鈍さはさておき、インフォテインメントシステム自体はデザイン性が高く、レイアウトもいい。

しかし、ベンテイガのインフォテイメントシステムには、フライングスパーやコンチネンタルGTに搭載されていた、人目を引く機能が欠けている。これらのベントレー車では、画面をダッシュボードの内側に反転させて画面を隠し、3つのアナログメーターを表示させることができるのだ。この価格帯ではほかのどこにもないユニークな機能なのに、ベンテイガにはないのが残念でならない。

後部座席は居心地がいい

ベントレーの銘板とスポーツユーティリティのスタンスに騙されてはいけない。ベンテイガはあくまでもミッドサイズのSUVだ。後部座席エリアは快適だが、大きさや装備は控えめ。サイズ感のある高級ランドヨットではない。

ベンテイガは、豪華な個人的な移動手段というよりは、スポーティな食料品配送車かもしれない。ほとんどのベントレーと同様に、ベンテイガはドライバーのために設計されており、ドライバーのためのSUVといえる。助手席などにも心地いいファブリックとソフトなシートが用意されているが、最高級のアウディやBMWのSUVに比べれば特別なものはほとんどない。

結局のところ、ベンテイガには大人4人とそのクラブを地元のゴルフコースに運ぶのに十分なスペースがあり、それだけで十分なのかもしれない。

関連記事:Android Automotive初搭載EVのPolestar 2は駆動性と楽しさでTesla Model 3を上回る

カテゴリー:モビリティ

タグ:レビュー ベントレー / Bentley ベンテイガ SUV

画像クレジット:Matt Burns

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)