Kymetaがビル・ゲイツ氏らから約90億円の資金調達、衛星携帯アンテナ技術の開発を加速

次の記事

オーディオテクニカの意欲作、初の完全ワイヤレス+ノイキャンイヤフォン「ATH-ANC300TW」

グローバルコミュニケーションのスタートアップのKymetaは、Bill Gates(ビル・ゲイツ)氏が率いる新たな資金調達ラウンドで8520万ドル(約90億円)を調達した。Redmond(レッドモンド)に拠点を置く同社は、衛星や携帯電話の接続信号強度を大幅に向上させるスマートかつ電力を供給する新しいタイプのフラットパネルアンテナを開発した。

Kymetaの新たな資金調達は新製品開発の支援と、その技術の商業化を加速させることを目的としている。2015年のデビュー以来、同社はその技術を製品化し、特に防衛やモビリティ、公安などの業界で数多くの顧客を獲得した。

Kymetaの技術は電子的に制御されており可動部品を必要としないため、特に航空機や船舶といった機体や船体の外側に衛星アンテナを取り付けるのに適さない、あるいは不可能な輸送手段において、従来の衛星受信アンテナよりも大きな利点がある。

Kymetaの技術はまた、近い将来にオンライン化される新世代の地球低軌道通信衛星コンステレーションとの連携においても、大きな潜在的利点を持っている。フラットパネルアンテナの動的な性質のため、Kymetaはこれらの衛星との接続を維持する際に位置を追跡および調整できる。これは従来の衛星インターネットネットワークのバックボーンを形成する大型の固定位置静止通信衛星との接続を維持する場合に比べて、より柔軟性が必要となるからだ。

カテゴリー:ハードウェア

タグ:Kymeta Bill Gates 資金調達

画像クレジット:Kymeta

原文へ
(翻訳:塚本直樹 Twitter