DJI新ジンバル「OM 4」はスマートフォンを磁力吸着、ヒッチコック効果など新機能多数

次の記事

SequoiaがビデオゲームエンジンUnityのIPOで大きなリターンの可能性

DJI は主力のドローン事業以外にカメラスタビライザーというニッチでも安定した地位を築いている。ドローンにカメラを搭載して空撮するために開発したテクノロジーだが、同社ではプロ向けビデオカメラ用から消費者向けスマートフォン用まで多数のカメラスタビライザーを発表している。

8月26日、DJI はOsmoに新製品を追加した。多数の新機能が導入されており、ブランドとしてもリニューアルといっていい。このOM 4の最大の特徴は永久磁石を利用したスマートフォンの取り付け方法だ。取り付け部に永久磁石が使われておりジンバルにワンタッチで吸着させる。しっかり固定できるスライド式と手軽なリング式が選択できる。どちらを使うかはユーザーの好みだがこのモバイルジンバルを使う頻度によって選ばれることになるだろう。

昨年TechCrunch のビデオ編集者2人がOsmo 3をレビューしたとき述べた不満の主なものは「プロが必要とするような機能が少なく、あまりにもコンシューマー向けだ」という点だった。しかしこれはやむを得ないことで、確かに多くのプロビデオグラファーが DJIのジンバルにさらに高い機能を求めているものの、同社は本質的にコンシューマー向け製品のメーカーだ。 そのため使い勝手は同社にとって至上命題であり、このOM 4の場合もそうだが、片手で楽にすべての操作ができることが重要だ。

筐体も新しくなっているが機能も大きく強化されており、全く新しい撮影モードも導入されている。DJIによれば以下のとおりだ(編集部注:DJI日本サイトに解説があるものはそれらを引用)。

DynamicZoom:「ヒッチコック効果」を試せる。簡単な操作でハリウッド映画のような創造的なズームシーンが出来上がる。進化したアルゴリズムにすべて任せ、撮影者はタップして歩くだけだ。

タイムラプス:時間と動きを凝縮して、より印象的な映像として残せる。

モーションラプス:タイムラプスにカメラの動きが加わり、より印象的な映像になる。事前に撮影位置を選択して撮影するとスタイリッシュな映像に仕上がる。

ハイパーラプス:時間と動きを凝縮して、より印象的な映像として残せる。3モードとも 3軸ジンバルに加えてEMS(電磁スタビライザー)を用いており、さらになめらかな描写となっている。またこれらのビデオをソーシャルメディアで共有することも簡単だ。

スローモーション:目では追えないような瞬間の出来事を、スローモーション映像で捉えることができる。

スポーツモード:OM 4で対象を素早く追うことができ、ビデオにダイナミックなアクションを加えられる。

パノラマ:3種類のパノラマモードから選択できる。

3X3パノラマ:9枚の写真が自動で合成し、超広角ショットを生成する。

240°パノラマ:ジェスチャー操作かカウントダウンを使ってパノラマ写真を撮影できる。

分身パノラマ:複数の写真を1枚のパノラマ写真として合成するので、各撮影タイミングでさまざまなポーズを撮影可能。

スピンショットモード:DJI Mimoアプリを利用しジョイスティックでジンバルを操作して回転効果を生み出せる。

ストーリーモード:撮影や編集に不安がある場合は、ストーリーモード用のテンプレートが用意されている。タップするだけで映像を撮影でき、思い出として残すことができる。

ActiveTrack 3.0:誰かが被写体に向けてカメラの向きを調整してくれているかのように、自然に被写体を追尾する。最新バージョンでは、大人や子ども、さらにはペットまで高精度で認識し、ジョイスティックを使って構図の微調整も可能だ。

OM 4は即日販売が開始されており、本体に加えて磁気リングホルダー、磁気スマートフォンクランプ、クリップ式三脚などが付属する。価格は1万6500円からで、現在は購入者1名について1ユニットのみの販売となる。

関連記事:DJIの最新産業用ドローン「Matrice 300」は飛行時間55分、最大伝送距離15km

カテゴリー:ハードウェア

タグ:DJI ジンバル スマートフォン

画像クレジット:Gregory Manalo、DJI

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook