Bedrock
Bosch

フォードとボッシュがデトロイトで自動駐車場を発表、ドライバーレスで自動運転レベル4の駐車機能を実現

次の記事

GMがオール電化のChevy Boltシリーズ2モデルを発表、ハンズフリー・アクティブドライバー支援システムを搭載

米自動車メーカー大手のFord(フォード)、ドイツ本拠の総合自動車部品・電動工具メーカーであるBosch(ボッシュ)、現地の不動産会社であるBedrock(ベッドロック)の3社は米国時間8月26日、米国デトロイトのダウンタウンでの自動駐車場のデモンストレーションを発表した。このシステムは、ドライバーが車両から降りると、車両が自ら駐車場の所定の場所に駐車するように設計されている。

フォードのSUV社であるEscape(エスケープ)のテスト車両に搭載されたシステムが、ボッシュのセンサーと通信して空の駐車場の場所を特定し、その場所に車両を移動させるという仕組みだ。このシステムには、走行経路内の物体や歩行者に車両が反応して反応するようにするセーフガードが内蔵されている。など、この車両間通信プラットフォームは、オリジナル開発または既存ものを改良することをほかのモデルへ展開できる。

ボッシュは数年前から同様のシステムを構築してきた。同社は2017年にダイムラーと提携し、ドイツのシュトゥットガルトにあるメルセデス・ベンツ博物館の自動駐車場システムを構築した実績がある(未訳記事)。2019年にボッシュとダイムラーの両社は、ドイツの規制当局から人間の運転手がハンドルを握ることなく自動運転によって駐車を実行することについて承認を得ている。これによりこのシステムは、日常的な使用のために正式に承認された世界初の完全自動運転のドライバーレスSAE(自動運転)レベル4の駐車機能として認められた。

本日発表されたデモは、デトロイトのコークタウン地区にあるフォードが所有するミシガン・セントラル駅近くの駐車場「Assembly Garage」に設置されたシステムが披露された。高度に制御されたデモンストレーションは9月末まで展示され、定期的なツアーを通じて見学することができる。

今回の提携により、自動化された駐車場システムは最大20%の車両増加に対応し、最終的には充電・給油・洗車などの追加サービスも提供するという。デトロイトのダウンタウンとミシガン州アナーバーの間の40マイル(約65km)は、ミシガン州と提携した自動運転車専用の道路を開発を目指すCavnue(
カヴニュ)が自動運転車専用レーンの建設を計画している。このパートナーシップは、Cavnueと自動車パートナーで構成されており、Cavnueは自律型シャトルやバス、トラックや個人用車両だけでなく、自律型シャトルやバスのために設計された多数の専用道路の建設を想定している。ちなみにCavnueは、ミシガン州とグーグルが出資したSidewalk Infrastructure Partnersの子会社だ。

Cavnueは、フォード、GM(ゼネラル・モーターズ)、Argo AI、Arrival、BMW、ホンダ、トヨタ、TuSimple、Waymo(ウェイモ)などのパートナーとともに、コネクテッドカーや自律走行車をパイロットプロジェクトから米国の高速道路、フリーウェイ、高速道路、高速道路、街中の道路に移動させるために必要な、物理的・デジタルインフラを開発するための標準規格に参加している。

本日披露された自動駐車場は賞賛され、デトロイト市長とミシガン州副知事が、フォード、ボッシュ、ベッドロックの代表者とともにその開発についてを発表した。

ダイムラーとシステムを共同構築してきたボッシュがフォードと提携したことは、この技術への参入コストの低さを物語っている。今回のフォードのデモンストレーションでは、平均価格が約2万5000ドル(約265万円)のコンパクトSUVが使用された。ダイムラーの初期のシステムは、10万ドル(約1060万円)以上するメルセデス・ベンツの車両を使用してたことを考えると破格だ。

フォードの最高技術責任者(CTO)である Ken Washington(ケン・ワシントン)氏によると「この自動駐車場技術が市販車に導入される時期については、まだ発表する準備ができていない:という。同氏は、本日の自動駐車場は同社のロードマップ上にあり、同社は駐車場への駐車が面倒であることを「はっきりと」聞いていると述べた。

画像クレジット:Ford

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)