シャオミの第2四半期売上高は3.1%増、新型コロナでインドでのスマホ生産減の影響も

次の記事

キヤノンのWi-Fi搭載カメラがGoogleフォトと連動、写真を自動バックアップ

中国スマホメーカーであるXiaomi(シャオミ)の2020年4〜6月期の売上高は昨年同期比3.1%増の77億7000万ドル(約8235億円)だった。海外マーケットの大半で復調し、前四半期比では7.7%増だった。

今週新たなCFOに前クレディ・スイスAPACシニアエグゼクティブのAlain Lam(アライン・ラム)氏を指名した同社は、第2四半期の利益が6億5000万ドル(約688億円)で前年同期比129.8%、前四半期比108%となったと明らかにした。

同社の売上高の大半を占めるスマートフォンの販売はほとんどの海外マーケットで回復がみられた。「インドを除くマーケットでの1日あたりのスマホアクティベーション平均数は2020年1月に記録したパンデミック前の水準の120%に達した」とも述べた。

ただ、中国外で最大のマーケットであるインドでは状況は異なる。インド政府は3月下旬に全土ロックダウンを発令し、その結果、国中のほとんどの店が閉鎖された。オンラインで注文された「必要不可欠でない」アイテムの小包配達もまた数週間制限された(未訳記事)。

シャオミは過去12四半期でインドでスマホ販売台数トップだ。インドがロックダウンを緩和(未訳記事)して数カ月がたつが、それでも1日あたりのスマホアクティベーション数は「先月の時点で、2020年1月に比べて72%だった」と同社は決算会見で述べた。

主な原因はインド国内での生産にあるとし、「生産能力がまだ標準レベルに戻っていないため、販売は生産減の影響を受けている」と説明した。

同社は欧州に希望の光を見出した。調査会社Canalys(カナリス)によると、2020年第2四半期に欧州におけるシャオミのスマホ出荷台数は前年同期比で64.9%増え、マーケットシェアは16.8%になった。

西欧では同社のスマホ出荷台数は前年同期比115.9%で、マーケットシェアは12.4%だった。そしてスペインでは出荷台数トップとなり、フランスでは第2位、ドイツとイタリアでは第4位だった。

シャオミは、販売価格が300ユーロ(約3万8000円)超のプレミアムスマホの出荷が国際マーケットで99.2%伸びたと話した。「中〜高価格のスマホの割合が増えたことで、スマホの平均販売価格が前年同期から11.8%増え、前四半期に比べても7.5%増となった」と付け加えた。

広告事業の成長にも力を入れいてるシャオミは、同社のモバイル端末向けファームウェアMIUIのユーザーが6月30日時点で3億4350万人で、前年に比べ23.3%増えたと述べた。MIUIは同社が展開しているスマホの大半で駆動する独自のAndroidオペレーティングシステムだ。もちろん同社は、純正Androidバージョンのスマホもいくつか展開している。

同社のスマホの使用ベースが増えるにつれ、広告の売上高も伸びている。第2四半期の広告売上高は前年同期比23.2%増の4億5000万ドル(約477億円)だった。

関連記事:シャオミの新ウェアラブルMi Smart Band 5は約2900円と激安、ディスプレイ拡大、新充電方式などを採用

カテゴリー:ハードウェア

タグ:シャオミ スマートフォン 決算発表

画像クレジット: Budrul Chukrut / SOPA Images / LightRocket / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi