人工知能・AI
インターメスティック
Zoff
ACES(企業)
東京大学(組織)

東大・松尾研発のAIスタートアップACESとメガネブランドZoffが業務提携、行動認識技術を用いたDXに取り組む

次の記事

FacebookがMessenger Roomsを改良してZoomに対抗を鮮明に、ルーム管理機能やパーソナライズ機能を強化

画像認識アルゴリズムを開発・提供する東京大学松尾研発のAIスタートアップ「ACES」(エーシーズ)は8月27日、メガネブランド「Zoff」(ゾフ)運営のインターメスティックと、ACESによるヒトの行動や感情を検知・解析するヒューマンセンシング技術(行動認識技術)を用いたDXの取り組みを開始したと発表した。

Zoffは、創業20周年を迎える2021年に向けたリブランディングの中核として、初となる研究・開発機関「Zoff Eye Performance Studio」(ゾフ アイパフォーマンス スタジオ。ZEPS)を設立。ヒューマンセンシング技術に強みを持つACESは、「メガネや店舗にIT・AI技術を援用することで人間の可能性を拡張し、顧客体験を洗練すること」を目指すZEPSのビジョンに共感し、AI活用の設計から技術開発・運用まで全面的にサポートを行うことで合意、業務提携が実現した。

今回の提携では、Zoffのコアコンピタンスである接客や商品などをAIによってアップデートするという。また、長期的にはIT・AIなどの技術躍進を背景に、メガネを視力矯正器具に留めず、人間の可能性を拡張するツールとしての価値を提示していくことを目指す。

東大・松尾研発のAIスタートアップACESとメガネブランドZoffが業務提携、ヒューマンセンシング技術を用いたDXに取り組む

今後の展望としては、ヒューマンセンシング技術を応用し、目のパフォーマンスおよび人のパフォーマンス向上に関する取り組みを検討。ACESとZEPSは、既存の商品・サービスの枠を超えて、目だけではなく人のパフォーマンスを向上させる「新しい機能」「新しい商品」「新しいサービス」の研究・開発を行い、メガネ業界のニューノーマルを牽引するとしている。

共同研究・開発テーマイメージとしては、以下を挙げている。

  • 日常生活やスポーツシーンにおける、目のパフォーマンスや身体能力向上を目的としたフレーム・レンズの開発
  • 光学・デジタル的なアプローチでの研究開発の推進
  • 機械学習・ディープラーニング・IOTなどを利用した生産・流通・販売基盤の構築

ACESは、東京大学松尾研発のAIスタートアップ。ディープラーニングのAIアルゴリズムを用いることで、ヒトが関わる様々なビジネスシーンをデジタル化し、課題解決と価値創出を行うDX事業を展開。ヒトの認識・解析を行うヒューマンセンシング技術を中心とした画像認識・動画解析アルゴリズムのAPI/SDKの提供や、共同DXプロジェクトなどを推進している。

ZEPSは、既存の商品・サービスの枠を超えて、目だけではなく人間のパフォーマンスを向上させるための「新しい機能」「新しい商品」「新しいサービス」を研究・開発し社会実装することを目的に設立した、Zoff初の研究・開発機関。エンジニアやゲームプレイヤーなど、目を酷使する職業のパフォーマンス向上を目的としたフレーム・レンズの開発や、視力だけでなく目の疲れ度合いなど目のパフォーマンスを数値化するサービスの開発など、新たな取り組みを進めている。

関連記事
日本ディープラーニング協会が高専生対象コンテスト開催、最優秀賞の東京高専チームが企業評価額5億円を獲得
東大・松尾研発AIスタートアップDeepXが総額16億円の資金調達、建機自動化や工場内作業自動化の事業化加速
Tencentと中国の科学者がディープラーニングを使用して新型コロナの重症化確率を予測
Preferred Networksが教育事業に参入、独自のプログラミング教材「Playgram」を開発
東大・松尾研発AIスタートアップACESがAI活用のプレスリリースデジタル管理を開始、テレ東とタッグ
東大・松尾研発AIスタートアップACESが資金調達、画像認識アルゴリズムをパッケージ化して提供へ
Linux Foundationにディープラーニングのオープンソース団体が加わる