Jij(企業)

「量子アニーリング」で計算困難な産業課題の最適化を図るJijが2億円を調達、目指すは世界の最適化

次の記事

モバイルメッセージを自由なキャンバスとして再デザインするMuze、Sequoiaなど米著名VCも注目

AIスタートアップのJijは8月27日、約2億円の資金調達を発表した。第三者割当増資による調達で、引受先はリード投資家を務めたANRIとDEEPCORE、みらい創造機構の3社。

Jijはイジングマシンや量子アニーリングをはじめとした最先端のハードウェア・研究手法を研究しているAIスタートアップ。従来の計算手法では計算困難な​産業課題の解決を図る技術開発を進めている。今回調達した資金は、企業向け最適化クラウド「Jij-Cloud」の開発強化、スマートシティの実現に求められる最適オペレーション計算のための新たなプラットフォームを構築の構築に投下するという。

まずは、おそらく多く読者が聞き慣れない「イジングマシン」「量子アニーリング」について簡単に説明しておこう。イジングマシンとは、質、量ともに膨大となった予想データや制約条件の中でに最適な判断を下す計算を実現するため、量子技術をベースにした計算手法のこと。量子アニーリングとは、その骨子となる、量子力学を使用した組合せ最適化向けのアルゴリズムを指す。と説明しても難解なのだが、同社は量子力学を活用して、これまではかなりの時間がかかったり、答えが出せなかった問題を解決するための技術を擁しているスタートアップだ。

同社はこれらの技術を使い、人の行動パターンの予測し、そこから生まれるであろう移動ニーズやエネルギー需給変動に対する新たなサービスなどを、従来以上に最適化することを狙っている。

Jij-Cloudは、事業会社向けのミドルウェアで、イジングマシンや量子アルゴリズムの専門知識を必要とせずに、簡単に最先端の量子最適化技術を扱えることを可能にする。2019年より一部アルゴリズムのライブラリは「Open Jij」としてオープンソースで公開している。また各種イジングマシンに対応するべく、NEC、日立、D-Wave、マイクロソフトなどとも提携を進めている。2020年5月当時、Jij はマイクロソフト開発のAzure QIOの利用を日本で唯一許諾された実績もある。

写真に向かって上段左から2人目がJijiの代表取締役社長を務める山城 悠氏、3人目がCTOの西村光嗣氏

このほか、各事業会社に対してコンサルティングや共同研究も進めている。例えば、ネットワークの安定化、電気ガスの供給安定化、生命保険のポートフォリオ最適化などの領域で同社の技術が使われているそうだ。直近では、豊田通商と「交通信号制御の最適化」をテーマとした共同研究も発表、信号機の点滅スケジュール制御によって自動車の待ち時間を20%削減 する試算を発表(Qmedia記事)した。

関連記事:大学発、量子コンピュータ用ソフト開発のJijがANRIから資金調達

カテゴリー:人工知能・AI

タグ:Jij 資金調達 日本