IFAのエグゼクティブディレクターがコロナ禍でもリアルなテックイベントを続ける理由を語る

次の記事

米アマゾンが初の大型スーパーAmazon FreshをLAにオープン、イリノイ州でも準備中

6月に全米民生技術協会(CTA、Consumer Technology Association)は、例年1月に開催する全米最大規模のコンシューマー・エレクトロニクス・ショーであるCES 2021を通常開催することを発表した。一時は、2年連続で新型コロナウイルスの感染蔓延の影響の辛うじて回避するするイベントになるはずだった。しかし1カ月後に主催者は方針を転換し、1月のCES がバーチャルになると発表した。失望したかもしれないが、驚くべきことではないだろう。

過去5カ月間、MWCからE3、WWDC、Computex、そして初めてオンラインのみで開催されるTechCrunch取材のDisruptまで、次々とリアルイベントのショーの中止が発表されてきた。一方、ある主要な家電見本市では、この傾向を打破するために長い間計画きた。9月3日、IFAはドイツ・ベルリンでリアル開催される。しかし、今年のイベントはこれまでとは劇的に異なるものになるだろう。

「通常、IFAは40以上のホールで開催されます。今年は、現時点ではステージと記者会見用のホールが2つ、展示ホール、プレスセンターホール、IFA NextとShift Mobility用のホールが1つあります」と、IFAのエグゼクティブ・ディレクターであるJens Heithecker(イェンス・ハイテッカー)氏はドイツからの電話で説明している。「出展社数は昨年の2300社に対し、170~180社程度になるだろう」とも語った。

ハイテッカー氏は、今年のショーについて語るとき声のトーンで憂鬱さを隠そうとしない。「少し詩的な表現をすると、例年の夏の終わりには、ベルリンには特別な空気があり、朝外に出ると、この空気を感じます」と同氏。「今年も同じような空気が流れていますが、ホールや展示会場のエリアを見るたびに、多かれ少なかれ空っぽになっています」と続けた。

私はこれまで何度かIFAに参加してきたが、いつもその組織的かつ混沌とした様子に心を打たれてきた。もちろん、どのテック系のトレードショーにもこのような要素はあるが、IFAは一般にも開放されており、メッセ・ベルリンのコンベンションセンターの迷路のようなホールは、業界の専門家や小さな子供を連れた地元の家族連れなど、独特な混在状況を生み出していた。A地点からB地点への移動にどれだけの時間を割くかによって、面白さと狂気が交互に現れるのだ。

今年のショーは「IFA 2020 Special Edition」と名付けられた。これは基本的には、過去数年に比べて大幅に規模が縮小されることを意味している。ハイテッカー氏によると、限定された招待者リストから約1100名のプレス関係者が登録しているという。私も招待リストに載っていたが、多くの人がそうであるように参加しないことを選んだ。率直に言って、ドイツに飛んで出展者や仲間のジャーナリストと一緒に会場内に立つというアイデアは、今回に限っては国内から追随するよりもはるかに魅力がないように思える。

私自身の安全意識が、新型コロナウイルスの感染蔓延に対する母国の対応の悪さに彩られているのは確かだ。しかし、世界では2450万人の感染者と83万3000人の死者が出ており、世界中で感染者数が増加し続けている。もちろん、ドイツは新型コロナウイルスへの対応には概ね成功しているが、それにも懸念がある。ノルウェーのようなほかのヨーロッパ諸国がドイツ人旅行者を検疫リストに追加している間、数が上昇しているので、国は再開計画を一時停止に入れている。

「3月の終わりまでに、私たちは自分たちで統計を作成し始めました」とハイテッカー氏。ドイツで増加している数字は、少なくともドイツ北部では主に検査を受けた人の数が2倍になっていることに起因しています。つまり、陽性検査を受けた人の割合は以前と同じです。だから我々は、状況によってより多くの人々を見つけるでしょう。一般的な状況は北部では悪化していません。ドイツ政府が今のところ南ヨーロッパ、特に南ヨーロッパでの休暇から戻ってくる人々を恐れているからです。それが今のところ、私たちが毎日のようにすべての数字を非常に近くに追っている主な理由です」と続けた。

限られたゲストリストという性質上、ASUS(エイスース)の最新ゲーム用ラップトップのよさを知ってもらうためにメディア関係者が小さな子供たちを押しのけていた過去数年間に比べて、参加者にとってソーシャルディスタンシングのほうがはるかに簡単に練習できるようになる。もちろん、単にスペースを増やすだけでは、ゲストがIFAに掲載されているマスクと社会的距離の1.5mの要件を守るとは限らない。

「参加者に気を配るためにマスクを着用する人が増えているので、距離を保つことになります」とハイテッカー氏は説明する。同氏は、このような社会的安全ルールを守ることを拒否した場合、参加者は施設から追い出されると付け加えているが、このような動きは当然ながら最後の手段である。

同組織はx「旅行規制が根強いため、アジアの企業がライブイベントに参加できない」として、ショーのグローバル・マーケット部分を取りやめることも決めた。2016年にOEM/ODM、小売業者、流通業者向けに開始されたこのイベントは、展示会の大部分とアジア諸国からの参加者を集めた。6月下旬、っサムスンは同イベントから撤退することを発表し、代わりにIFAの直前に独自のイベント「Unpacked」を選択した。

ハイテッカー氏は、サムスンの決定はハードウェア大手の英国オフィスからの言葉に基づいていると考えている。「2カ月、3カ月前、同社はどんなジャーナリストもIFAに参加するとは想像できなかった」と同氏はTechCrunchに語った。「また、あなたが『我々はIFAにすでに登録しています。必ず行きます』 と告げても信じなかった」とも語る。

同氏は、サムスンが本質的にIFAの存在感を利用して発表会を開催していると考えているが、サムスンが最終的にIFAに直接参加しなかったことを後悔するだろうと付け加えている。「サムスンは今年のIFAの前で記者会見を行い、業界のために、新製品のために、我々が醸成した注目度を利用していた。我々のショーの中ではなくても、IFAの力や活動を利用している」と同氏。「私たちはIFAを新しいプラットフォームで開催し、オンラインプレゼンテーションであっても、出席している人が誰でも、より大きなインパクトとはるかに多くの視聴者を、サムスンが自主開催するよりもはるかに多くの効果を得られる自信がありました」と続けた。

関連記事:テック見本市IFAは9月にベルリンでリアル開催決定、ただしメインイベント「Global Markets」は中止

カテゴリー:ニュース

タグ:IFA Samsung / サムスン

画像クレジット:Michele Tantussi / Getty Images

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)