糖尿病コントロールアプリのUndermyforkが4200万円調達、米国にも進出

次の記事

リモート口述用のビデオ会議サービスなどで法律事務所の業務をサポートするStenoが3.5億円調達

糖尿病を患っている人が「time-in-range(血糖トレンド)」を改善したり、症状をうまくコントロールしたりするのをサポートする糖尿病トラッキングアプリのUndermyfork(アンダーマイフォーク)がシードラウンドで40万ドル(約4200万円)を調達した。

AltaIR Capital,、AltaClub、Runa Capitalが出資した。Undermyforkの共同創業者Mike Ushakov(マイク・ウシャコフ)氏の前の会社Metabar(メタバー)も数年前にYandexに買収される前(未訳記事)に、Runaの出資を受けている。

Undermyforkのアプリは食事の写真と、継続して作動するブドウ糖モニター(CGM)デバイスから得られるブドウ糖データを合体させる。目的は、ユーザーが食事と血糖値の変化を関連付けられるようにすることだ。具体的には、血糖トレンドにフォーカスしている。血糖トレンドとは、経過中にどれくらいの時間で血糖レベルを理想的な範囲に入れるかを示すもので、近代の糖尿病管理においては最も重要なメトリックと考えられている。

「アプリで、糖尿病を抱える人がライフスタイルや食習慣を見直し、血糖トレンドを改善するのをサポートしたい」とウシャコフ氏はいう。「Undermyforkはかなりシンプルなツールだ。食事の写真と、ブドウ糖データにともなうインスリンデータと結びつけ、どの食事が安全でない血糖レンジにつながっているのかをユーザーがはっきりと認識できるようにする」。

「血糖値データをチェックできるだけでなく、データを解釈して生活を改善できる有用な結論に行き着くように糖尿病の人をサポートする。血糖のためのGoogle分析ともいえる」。

より広汎にいうと、Undermyforkは継続的なブドウ糖モニターデバイスが、数年のうちに従来使われてきた指先を針で刺し血液を採取しての測定器に置き換わるとみている。ブドウ糖モニターのデフォルトアプリという地位を確立するというのが戦略だが、達成するにはブドウ糖モニターが収集するデータへのアクセスを確保する必要がある。

「Undermyforkはブドウ糖モニターのデータに頼っている。なので、そうしたデータを提供するパートナーを必要とする」とウシャコフ氏は説明した。「今月、ラウンドのクローズと同時に、米国のブドウ糖モニター製造をリードしているDexcom(デクスコム)と提携した。当社は現在、DexcomのレトロスペクティブAPIにアクセスできる。ユーザーがDexcomのクラウドからUndermyforkアプリに直接データをストリームできる」。

この提携はまた、Undermyforkの米国での事業展開にもつながった。特筆すべきは、欧州を拠点とするチームがほぼリモートであることだ。ウシャコフ氏はアムステルダムにいて、共同創業者の Eugene Molodkin(ユージーン・モロドキン)氏はサンクトペテルブルグ、他のチームメンバーはドイツ、オランダ、ロシア、スロバニア、イスラエルに居住している。

カテゴリー:ヘルステック

タグ:資金調達

画像クレジット:Undermyfork

原文へ
(翻訳:Mizoguchi