Xiaomi / シャオミ(企業)

シャオミは来年発売のスマートフォンで画面内部にカメラを搭載する計画

次の記事

最新Chromeはタブのグループ化、QRコード生成に加えてパフォーマンスも大きく改善

画面の正面に位置するフロントカメラは、ここ数年スマーフォンメーカーの悩みの種となってきた。Xiaomi(シャオミ)は、この問題に対する巧妙な解決策を提供した最初の企業ではない。また、画面内蔵カメラ技術を擁する唯一の企業でもない。しかしシャオミは来年、それらの技術を結集したスマートフォンを市場に投入することを約束した。

同社は米国時間8月28日、収益報告書の一部にその計画を記載していた。具体的には、現在長年取り組んでいる最新テクノロジーを使用して携帯電話の製造を開始すると述べている。これは実際には第3世代の技術を示している。第1世代は者は実験室からは出ず、第2世代は一般に公開されたが生産には漕ぎ着けられなかった。

もちろん、さまざまな理由によってこれまでその技術を実装できなかったのだろう。その中には、ピクセル(画素密度)の問題もあったはずだ。一般的にフロントカメラが内蔵配置される表示画面上部にどのようにして一貫したピクセル密度を維持するかという大きな問題があった。しかし、シャオミはこの問題を解決したと主張している。

「シャオミの第3世代アンダーディスプレイカメラ技術で使用されている独自開発のピクセル配置により、画面はピクセルの隙間領域に光を通すことができ、ピクセル密度を犠牲にすることなく各単一のRGBサブピクセルレイアウトを維持できる」と同社はブログに投稿している。

同社は「画面の均一性を犠牲にすることなくカメラに光を通し、競合技術のピクセル密度を効果的に2倍にすることができた」と説明する。同社が公開したサイドバイサイドのビデオでいいようは見える, しかしその評価は、この技術を搭載したモデルが来年に大量生産が開始されるまで、判断を保留する必要、そして価値があるだろう。

関連記事:シャオミの第2四半期売上高は3.1%増、新型コロナでインドでのスマホ生産減の影響も

カテゴリー:ハードウェア

タグ:Xiaomi / シャオミ

画像クレジット:Xiaomi

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)