年額約1万円で送料無料になる即配サービスWalmart+が全米で9月15日登場、ガソリン割引やレジなしチェックアウトも実現

次の記事

LinkedInのリード・ホフマン氏とZyngaのマーク・ピンカス氏がテック企業を育てるSPACを創設

Walmartm(ウォルマート)は米国時間8月31日、新しい会員制サービスとAmazonプライムのライバルである「Walmart+」を正式に発表した。年間98ドルのこのサービスは、食料品をはじめとする数千点の商品を無料で無制限に当日配達してくれるほか、燃料割引やウォルマートが所有するSam’s Club(サムズ・クラブ)と同様の新サービスであるScan & Go(スキャン&ゴー)へのアクセスなどの追加特典があり、会員は行列に並ぶことなくウォルマートの店舗でチェックアウトすることができる。

このサービスは全米で2020年9月15日から開始され、宅配サービスを提供する2700店を含む4700店以上のウォルマート店舗で利用できるようになる。会員は、15日間の無料トライアル期間後に年間98ドルを支払うか、月単位で12.95ドルを支払うかを選べる。

この新しいプログラムの開始時には、16万点以上の商品を合計35ドル以上の注文に対して配達ごとの手数料なしで当日配達することを約束している。これはウォルマートの既存サービスであるDelivery Unlimited(デリバリー・アンリミテッド)プログラムが提供している内容と同じだ。なお、Walmart+の開始に伴い「デリバリー・アンリミテッド」会員は、リブランドされたさらに拡大サービスに移行できることになる。

デリバリーの節約に加えて、新しいWalmart+会員は、全国の約2000のウォルマート、Murphy USA、Murphy Expressのステーションで、あらゆる種類の燃料で1ガロンあたり最大5セントの燃料割引を受けられる。Walmart+会員は、ウォルマートのモバイルアプリを使用して、QRコードをスキャンするか、ポンプでPINコードを入力するだけでOKだ。今後、このプログラムはSam’s Clubのガソリンスタンドにも拡大していく予定とのこと。

Walmart+の会員であれば、スキャン&ゴー会員特典はレジの列に並ぶことなく支払いを済ませられる。新型コロナウイルスの感染蔓延の中、店舗にいる時間は新型コロナウイルスの保菌者と接触している可能性が高まる。ウォルマートのアプリを使用して、顧客は買い物をしながら商品をスキャンし、ウォルマートペイを使用して支払いを済ませることで、タッチフリーのチェックアウトを体験できる。

ウォルマートは2年前、店舗でレジなしのスキャン&ゴー技術をテストしていたが、買い物客が盗難に遭ったため、このプログラムを中止(Business Insider記事)していた。今回は有料サービスになるため、スキャン&ゴーを利用する人は減り、店舗スタッフが盗難などの問題に対処するのに役立つかもしれない。

Walmart+の注文は、「デリバリー・アンリミテッド」と同様に店舗のスタッフがピッキングした後、Postmates、DoorDash、Roadie、Point Pickupなどのパートナーに引き渡されて配達される。しかし、エンドツーエンドの体験を所有していないことは消費者に問題を引き起こす可能性がある。配達体験が悪ければウォルマートの評判を落してしまうし、中間業者が関与している場合は顧客サービスの問題は必ずしも直接対処できない。ウォルマートはまた、配達パートナーが次々に現れては消えていくのを目の当たりにしてきた(Grocery Drive記事)。

ウォルマートは今回の新しいプログラムについて、Amazonプライムのライバルではないと主張している。しかし、何割かのプライム会員を引きつける魅力はあるだろう。

「ウォルマートは、他の何かと競合する意図でWalmart+を立ち上げているわけではありません。私たちは顧客のニーズを念頭に置いて開始しているのです」と同社のCCO(Chief Customer Officer)であるJaney Whiteside(ジェイニー・ホワイトサイド)氏は説明する。

「もちろん、より多くの顧客を獲得し、顧客のロイヤルティを高めることを願っていますが、ウォルマートほどの規模を持ち多くの人々にサービスを提供している場合、これは顧客の数を倍増させ、より多くの売上と心のシェアを得るためのものです」と同氏は付け加えた。

Amazonプライムは、より広範囲なプログラムで、数千万点の商品を2日以内、1000万点以上の商品を1日以内の配達で提供している。さらに、35ドル以上の注文では300万点以上の商品を当日配達となる。Walmart+では、Walmart.comがすでに35ドル以上の注文であれば、会費なしで1日または2日ぶんの送料を無料で提供しているため、即日配送に力を入れている。

またAmazonプライムは、無料の音楽、ビデオ、オーディオブック、Kindle本などへのアクセスのように、そのほかにも膨大な特典を提供している。これらはWalmart+にはないものだ。

それでも、多くの顧客にとってAmazonプライムの価値は、スピーディーな配送が約束されていることに根ざしている。しかしそれと同時に、アマゾンは長年にわたってAmazonプライムの購読価格を段階的に引き上げ、現在では年払いの場合119ドル、月12.99ドルと、顧客の忠誠心の限界を試している状態だ。Walmart+は、年間98ドル、月12.95ドルとAmazonプライムを下回っているが、新型コロナウイルスの感染蔓延の間に急速に成長したターゲット市場であるオンライン食料品店の買い物客を主なターゲットとしている(Supermarket News記事)。ちなみにウォルマートは最近、パンデミックの影響によりオンライン食料品を中心とした自社のEコマースの売上高が前四半期に97%増加したと報告している。

一方、2017年にWhole Foods(ホールフーズ)を買収(未訳記事)して以来のアマゾンの食料品戦略は、まだ合理化されていない。アマゾンは現在も、Amazon Fresh(アマゾンフレッシュ)とホールフーズという2つの異なるオンライン食料品サービスを提供し続けており、ピックアップとデリバリーの選択肢が多様化しており、潜在的に消費者の混乱を招いている。

しかし、今回の新型コロナウイルスの感染蔓延は、アマゾンやウォルマート、そしてTarget(ターゲット)のような米国の大手小売業者の売上高の大幅な増加につながり(Vox記事)、最近の四半期には各社が目覚ましい収益を報告している。

ウォルマートの新しいサブスクリプションプログラムの計画は以前にも報告されており、試験運用のウェブサイトもしばらくの間稼働していた。8月にウォルマートの最高経営責任者(CEO)であるDoug McMillon(ダグ・マクミロン)氏は決算説明会で「配送を中心とした会員制プログラムの立ち上げに向けて準備を進めている」と投資家に語った。同氏はその際、昨年発売されたウォルマートの既存の「デリバリー・アンリミテッド」サービスが、より広範なプログラムのための「新サービスを提供する素晴らしい基盤」となることにも言及していたが、発売時期については明らかにしてこなかった。

以前の報道によるとこのサービスには、時間枠を確保した食料品店へのアクセス、プロモーション情報、最終的にはWalmart+クレジットカードのような他の特典が含まれるとされていた。同社は「小売業者は、Walmart+の特典は時間の経過とともに拡大していくだろう」とだけ述べ、その計画について話すことは拒否していた。

「どのような優れた会員制サービスでもそうですが、これらの特典は固定的なものではありません。当社は、当社の資産と規模を活用して、これまでにない価値のあるソリューションを提供し続けます。将来的には、当社の幅広い強みを活用して、サービスとサービスの両方で会員の皆様に付加的な特典を提供していきたいと考えています」とCCOのホワイトサイド氏は付け加えた。

関連記事
ウォルマートの第2四半期eコマース売上は97%増、新型コロナによる消費行動変容が寄与
ウォルマートの食料日用品配達が年間98ドルで無制限利用できるように

カテゴリー:ネットサービス

タグ:Walmart / ウォルマート

画像クレジット:Walmart

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)