インテリア写真SNS「RoomClip」運営のルームクリップが約10億円を調達、EC事業など新規立ち上げ

次の記事

The Skillsはマイケル・フェルプスやマリア・シャラポワなどトップアスリートのアドバイスをサブスクで提供

住まいと暮らしの実例写真共有サービス「RoomClip」(iOS版Android版)運営のするルームクリップは9月2日、シリーズDラウンドにおいて、第三者割当増資および融資により総額約10億円の資⾦調達を実施したと発表した。

引受先は、⽇本郵政キャピタル、NTT ドコモ・ベンチャーズ、マーキュリアインベストメント、岡三キャピタルパートナーズ、博報堂DYベンチャーズらを運営者とするファンド、プラス。融資は三井住友銀⾏、三菱UFJ銀⾏、りそな銀⾏他の⾦融機関から行っている。同社の累計資⾦調達額は22億円超となった。

今回の資⾦調達により、後日発表予定の新規事業開発や顧客獲得のためのマーケティング強化、⼈材採⽤への投資を行う。

  • 住⽣活産業関連企業が、よりRoomClipユーザーとのつながりと、RoomClip上でのビジネス機会を築くためのクラウドサービスの開発
  • 膨⼤な実例写真やユーザーの声など、RoomClip資産を活⽤した、新たな購買体験を提供するEC事業⽴ち上げ
  • 現在主⼒であるマーケティングソリューション事業における、新規顧客獲得を⽬的としたマーケティング活動の強化
  • 上記達成および成⻑のための積極的な⼈材採⽤

ルームクリップは、「⽇常の創造性を応援する」をミッションに住まいと暮らしの実例写真共有サービス「RoomClip」を提供。RoomClipの⽉間ユーザー数は、2020年5⽉現在で830万⼈、投稿された写真枚数は累計400万枚超となっている。また外出⾃粛による影響から、提携している外部ECサイトへの送客数が、前年⽐200%超と急伸したという。同社は、日本最大級の「実際に⼈が⽣活している部屋の写真とデータ」が集まるインテリアSNSに成⻑しているとしている。

インテリア写真SNS「RoomClip」運営のルームクリップが約10億円を調達、クラウドサービスやEC事業など新規開発

インテリア写真SNS「RoomClip」運営のルームクリップが約10億円を調達、クラウドサービスやEC事業など新規開発

関連記事
インテリア写真SNS「RoomClip」が8億円調達――「2年後の上場目指す」
インテリア写真SNS「RoomClip」運営のTunnelが2億円の資金調達——ユーザー発のインテリアトレンドも

カテゴリー:ネットサービス

タグ:RoomClip / ルームクリップ