肺がん患者同士が匿名で治療法を共有できるPeer Medical

次の記事

より迅速な障害復旧を助けるデータ駆動型の作業手順書を開発するTranspositが37.2億円を調達

Peer Medicalには大きな使命がある。創業者で連続起業家のEd Spiegel(エド・シュピーゲル)氏は父親を肺がんで亡くした後、肺がん患者がよりよい方法で病気に対処できるようにすることを誓った。このスタートアップこれまでに、その画期的なアプローチのために120万ドル(約1億2750万円)のシード資金調達し、瞬く間に患者を増やしている。

同社は、肺がん患者が匿名で治療法を共有することを可能にする。これにより、ガン患者は自分と同じような人を見つけ、どの治療法や処置が最も効果的かを知ることができる。患者は、バイオマーカー、病期、年齢、性別で検索し、検証された治療法や類似の体験を確認できる。

今回の資金調達ラウンドは、オランダ・アムステルダムを拠点とするPartners in Equity(PiE)が主導した。PiEは、オランダの決済ユニコーンであるAdyenにシードキャピタルを投資したことで知られており、ロンドン拠点のSeedcampがエンジェル投資家と並んで参加した。

Peer Medicalでは、患者の電子カルテを1分以内に登録可能で、そのアドバイザーには、UCSF(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)で胸部腫瘍学の責任者であるDavid Jablons(デビッド・ジャブロン)博士とデューク大学の応用ゲノミクスと精密医学の責任者であるGeoffrey Ginsburg(ジェフリー・ギンズバーグ)博士が含まれている。

シュピーゲル氏が創業したFacebookを利用したアパートレンタルの紹介管理ツールを開発するRentMineOnlineは、10年前に登場した「シェアエコノミー」のスタートアップの1つであり、ロンドン拠点でヨーロッパ向けベンチャーキャピタルであるSeedcampの最初の投資、そして最初のイグジットでもあった。

実際のところPeer Medicalのアイデアは、10年前にシュピーゲル氏の父親の3年間の肺がんとの闘病中、唯一の介護者だった同氏のもとに浮かんできた。同氏は、大学時代の友人で、父親が肺がんで他界したのを見たことがある人に会った後、このアイデアを思いついたと私に話してくれた。彼らは治療情報のノートを共有・比較したところ、非常に多くの情報を埋もれていた可能性があることに気づいたそうだ。

「それはまるで、神よ、あの時に知っていればよかったのに!」という感じです。残念ながら、私はその経験を生かせませんでしたが、いまなら「電子介護者」のようなものを利用して父を助けることができたでしょう。

オンラインフォーラムに参加して、シュピーゲル氏は助けを求めている患者を見つたが、彼らが持っている知識を含む一元化された検索可能なデータベースの必要性に気付いたそうだ。昨年、米国だけでも170万人以上の新たながん患者が診断されている。多くの場合、患者の情報は混乱していたり不完全であったり、古くなっていたりする。医療記録の携帯性は普及しつつあり、治療を支援するうえで今後は極めて重要になるだろう。

「運転手のあなたが、ナビアプリのWazeを使って他のドライバーからの情報を共有し、完璧なルートにたどり着くためにほかのすべての人から学んでいるのと少し似ています」とシュピーゲル氏は説明する。「未来は確かに電子カルテの共有ですが、それは1999年にオンラインでクレジットカードを使い始めたときと同様の大きな一歩です。おのおのが自分の記録を持っていて『ほかに誰がわたしのようになっているのだろうか」』と続けた。もちろん、アップルの「ヘルスケア」アプリのように大手企業がすでに実現しており、EpicやCernerのような企業が牽引するオンライン病院ポータルの成長もある。

Peer Medicalには、匿名で混沌としていない患者のためのFacebookのサポートグループとGoogle検索以外には、伝統的な意味での競合相手がいない。2000年代初頭に設立されたPatientsLikeMeは、カルテの側面を活用しておらず、1億ドルを調達した後、2017年にUnited Health Careに売却した。

Peer Medicalには、匿名で無秩序ではない患者のためのFacebookサポートグループ やGoogle検索以外に、伝統的な意味でのライバルはいない。2000年初頭に設立されたPatientsLikeMeは、医療記録の側面を活用しておらず、2017年に1億ドル(約106億円)を調達した後、2019年にUnited Health Careに買収された。

Seedcampの共同創業者であるReshma Sohoni(レシュマ・ソーニ)氏は「エドはSeedcampの最初のコホート企業の一員であり、私たちの最初の成功したイグジットを返してくれました。エドと彼のチームを2回目に支援し、また別の成功したベンチャーをポートフォリオに加えることができてワクワクしています。残念ながら、私はまた、ガンで親を亡くした経験があり、このような困難な時期を乗り切るために、このようなツールがいかに重要であるかを実感しています。私たちは、患者が匿名性を保ちながらも、他の人から学ぶことができることを本当に気に入っています」とコメントしている。

SeedcampのマネージングパートナーであるCarlos Eduardo Espinal(カルロス・エドゥアルド・エスピナル)氏は、「Seedcampでは、これはまさに私たちが投資したいタイプのコミュニティです。人々、この場合は患者と介護者であり、がんと闘うという共通の目標によって結ばれています。検証済みで匿名化された医療記録をプールし、個々の治療パスを最適化するためにそれらを使用するこのコミュニティを構築するエドとPeer Medicalチームを支援できることに興奮しています」と語る。

ちなみに、Facebook上でアパートの紹介を行っていたRentMineOnlineは、不動産管理ソフトウェア会社である Real Page(リアルページ)に(NASDAQ:RP)に売却されている。
画像クレジット:Ed Spiegel

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)